« №876 リタイア後の人生 | Main | №878 激イタ! フットマッサージ »

June 04, 2008

№877 ソイ3/1はアラブストリート

  アラビア文字が溢れるソイ3/1
Dscf1927

 バンコク・スクンビット通りから入ったバムルンラード病院からの帰り、ソイ3を歩きました。グレースホテルを通ってさらに路地のようなソイ3/1に入り込むと、雰囲気ががらっと変わってアラブ世界に迷い込んだようです。

 元々外国人患者とりわけ中東からの患者を多く受け入れているバムルンラード内には、黒い衣装をまとったアラブ系の女性がよく歩いているので違和感はないのですが、それでもソイ3/1に入った途端にアラブ系の人たちの密度が急上昇します。とてもここがバンコク市内と思えないほど、アラビア文字の看板が溢れていて、アラブ、イスラムの世界そのものです。
 通りに面してアラブ料理の店や羊肉を串に刺したケバブがぐるぐる回っていて、独特な匂いも漂ってきます。後で調べてみると、ここでは有名な水タバコを楽しむこともできるのだとか。

 恥ずかしながらここが“アラブ人街”と知らずに足を踏み入れたものですから、アラブ色の雰囲気に一瞬戸惑いました。そして写真を撮るにも、なるべくアラブ女性が入らないように注意を払います。
 距離が短いソイということに加えて、どこか異質な雰囲気ということもあって、結局余裕がないままに通り過ぎてしまいました。

 考えてみると、何度かバンコクに通っている内に、いつも行ったり歩いたりする行動範囲は自然と決まってくるものです。それは地図がなくても自由に歩けるエリアができることを意味していますが、反対に行動範囲を狭める結果になることも。
 その意味でソイ3/1は定宿のホテルから近いのですが、“灯台下暗し”のソイでした。今度はバンコクに居ながらにしてアラブ世界に浸れるソイ3/1をゆっくりと歩いてみようと思います。

|

« №876 リタイア後の人生 | Main | №878 激イタ! フットマッサージ »

Comments

 恥ずかしながらここが“アラブ人街”と知らずに足を踏み入れたものですから、アラブ色の雰囲気に一瞬戸惑いました。
本当にそうなのですか???

Posted by: ach | June 07, 2008 at 04:16 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« №876 リタイア後の人生 | Main | №878 激イタ! フットマッサージ »