« №880 ワットシェントーンで願い事 | Main | №882 メコン川1日ツアー その2 »

June 12, 2008

№881 メコン川1日ツアー

 支流とは思えない程広大なメコン
Img_1114

 ホーチミン観光のハイライトは、やはりアジアの大河メコンのツアーでしょう。ホーチミンから現地旅行会社が主催するバスツアーが毎日出ています。
 なかでも格安料金で人気があるTNKトラベル社の「メコン川1日ツアー」に参加しました。メコンデルタの入り口、ミトーから観光船に乗ってメコンの支流ミトー川に浮かぶ島々を巡るツアーです。島ではフルーツやランチを食べたり、手漕ぎボートでジャングルクルーズをしたりという内容です。ツアー料金は日本語が話せるガイドが同行して17米ドルと、同業他社の中で最安値。
 メコンデルタ最大の町、カントーまで行かないと、本当のメコンが見られないと聞きますが、日帰りツアーでは車で2時間のミトーまでが限度のようです。

 朝7時半に滞在しているホテルにピックアップしてもらい、格安宿の集まるデダム通りの同社オフィス前の集合場所は、すでに各地ツアーへの参加者で混雑しています。日本人学生風の若者や各国からのバックパッカーがほとんどです。
 8時15分、英語ツアーと日本語ツアーを混載した大型バスが出発。英語ツアーの参加者が大多数で、日本語ツアーはわずか5人、ホーチミン駐在の会社員2人、男子大学生、ひとり旅らしい女性、そしてわたしです。「NHAN(ニャン)」さんという31歳のベトナム男性がガイドさんです。
 ニャンさんによると、ミトーまで距離にして70km、メコンデルタの面積は5000k㎡、人口140万人とのこと。

 バスは渋滞の中、ホーチミン市内のいくつかの橋を渡り、ミトーに向けて南西へと走ります。車窓からは、どぶ川ような汚れた川べりに密集したバラック建ての粗末な家々やスラム街が望めますが、バンコクのスラムよりさらに劣悪に感じられます。また、道路沿いには朝市というか多くの露天商が店開きをしていて、野菜に果物、貝をはじめとした海産物や肉など、生鮮食料品が山積みに並んでいます。

 やっと渋滞を抜けてベトナムのハイウェイへ。大きな道ですが、車は少なくバイクの方が多いくらいです。次第に緑や池が多くなり、ホーチミン郊外のこの辺りの田んぼは塩水が入るらしく、米は1回しか耕作だけ。しかし肥沃なメコンデルタでは3期作が可能とか。
 8時53分、国道1号線へと入ってきました。田園風景はタイに似ていて、稲刈りの時期を迎えています。
 途中、同じ参加者の女性や男子学生と、ホーチミンでの滞在ぶりや観光情報などを交換し合います。これもひとり旅をする者にとっては、現地ツアーの楽しみと言えるでしょう。

 10時10分、ようやくミトー市内へ。

つづく

|

« №880 ワットシェントーンで願い事 | Main | №882 メコン川1日ツアー その2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« №880 ワットシェントーンで願い事 | Main | №882 メコン川1日ツアー その2 »