« №903 渡し船はバイクも一緒 | Main | №905 PG福岡線休航! »

July 26, 2008

№904 ロングステイ滞在国人気ランキング

  
 ロングステイ財団が実施しているロングステイ希望滞在国の調査(2006年度)によると、永らくトップだったオーストラリアを抜いてマレーシアが第1位、そしてタイが第3位に入っています。
 2004年の同調査では、マレーシアが2位、タイが5位でしたから、それぞれ順位を上げ、インドネシアもベスト10入りと、近年アジア各国の人気ぶりが際立つ結果となりました。

第1位 マレーシア      第6位 カナダ
第2位 オーストラリア     第7位 スペイン
第3位 タイ           第8位 インドネシア
第4位 ニュージーランド    第9位 イギリス
第5位 ハワイ          第10位 アメリカ

 アジア人気の理由は、まず気候が温暖なこと、日本から近いこと、そして何より物価が安く生活しやすいことが挙げられます。
 さらに忘れていけないのは、マレーシア、タイをはじめアジア各国には長期滞在者用のリタイアメント・ビザが用意されている国が多いことです。これまで1位だったオーストラリアにもリタイアメント・ビザ制度がありましたが、「リタイアメント投資家ビザ」に変更になり、より多額な自己資金が必要になったことが、順位を下げた大きな理由と思われます。
 他にも近年は豪ドルに対して日本円が安くなり、相対的に生活費が上昇していることもあるでしょう。

 さて、人気の理由が似ているマレーシアとタイですが、その違いの一つは宗教。マレーシアがイスラム教、タイは仏教です。我々日本人にとっては仏教の方が親しみを感じ、文化的にも近いと思うのですが・・・ 
 では、両国の人気の差はどこにあるのか? それはノービザでの滞在日数がタイの30日に対して、マレーシアが90日と、これが大きな差になっているようです。
 1年以上の長期滞在希望者は、両国とも一般的にロングステイ用のビザを取得するでしょうが、例えば日本の夏と冬を海外で過ごしたいという方にとって、マレーシアの場合ノービザで約3ヶ月滞在できます。つまりロングステイ・ビザを申請することなく、手軽に年2回のロングステイを楽しむことができる訳です。手続きの手間や費用も掛けずにロングステイしたいというニーズは少なくないでしょう。

 しかし、これだけがマレーシアとタイの人気の差なのか? まだ行ったことがないマレーシア、人気の秘密を探しに一度取材に行ってみましょうか。

  チェンマイ郊外フォーシーズンズ
20051229_dscf0506

|

« №903 渡し船はバイクも一緒 | Main | №905 PG福岡線休航! »

Comments

マレーシアとタイの日本人ロングステイヤーには決定的な違いがあります。
タイは単身者(高齢男性)が多く、マレーシアは夫婦連れが多い。
このあたりに両国人気の秘密がありそうです。

www.nichimapress.com/longstay/index.html

Posted by: City | July 26, 2008 at 02:03 PM

Posted by: city | July 26, 2008 at 02:05 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« №903 渡し船はバイクも一緒 | Main | №905 PG福岡線休航! »