« №908 エアアジア予約する | Main | №910 ホーチミンの交通ルール »

August 05, 2008

№909 中央郵便局

     中央郵便局の内部
Dscf1746

 ベトナム・ホーチミンのメインストリート「ドンコイ通り」の始点に位置するサイゴン大教会、赤レンガの建物に二つの尖塔が美しく、市街地のランドマークというべき存在です。正面には聖母マリア像、教会をぐるりと道路が取り囲み、一見すると周辺は広場のようになっていて、教会の右隣に建つのが「中央郵便局」です。

 19世紀末、フランス植民地時代に建てられたピンク色のお洒落な建物で、その存在感はサイゴン大教会に決して負けていません。重厚な玄関の上には大きな時計が架かり、外壁や窓枠には白い飾りや彫刻が施され、上品で優雅な雰囲気を漂わせています。このような歴史的建築物ですが、現在も郵便業務が行われているのです。

 中に入るとすぐに、美しいアーチを描いた天井に目を奪われました。格子状の天井とアーチが織りなす幾何学的な模様と、白、黒、そしてピンクの色彩が、独特な空間を造り出していて、教会か駅の内部のようです。天井まで7~8mあるでしょうか、そのため建物内は外の暑さがウソのようにヒンヤリと涼しい。

 中央奥には「ホーおじさん」の肖像画、そして建物の壁に沿って“コの字型”にカウンターが並び、吊り下げられた扇風機がゆったりと回っています。市民が郵便物や小包などを持ち込んで手続きをしている光景が、どこか昔の日本の郵便局のようで、すべて手作業のんびりとしたものです。
 そして1階中央には、民芸品などを扱う売店があります。郵便局に真ん中に売店?という気もしますが、ここも郵便局が運営しているんでしょうね。入り口の左手にも雑貨類のお土産品コーナーが併設されていますから、ちょっとした買い物もできてしまうから面白い。また反対側の右手には、ベトナムの切手コレクションが展示されているコーナーも。
 
 でも一番興味を引かれたのが、世界時計が並ぶクラシックな木製電話ボックスです。持参した携帯電話の故障のため、プリペイドカードを購入して、ここから日本へ国際電話を掛けたのですが、ボックス内はクーラーが効いていて快適。木の椅子に座ってゆっくりと話ができます。レトロで雰囲気のある木製ボックス、なかなか気に入りました。

 ホーチミンの中央郵便局、切手マニアや歴史的な建築物に関心がある方にとっては、興味深い建物でしょう。市内観光の途中、涼みがてらに寄ってみてください。

|

« №908 エアアジア予約する | Main | №910 ホーチミンの交通ルール »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« №908 エアアジア予約する | Main | №910 ホーチミンの交通ルール »