« №911 市場の食堂でフォー・ガー | Main | №913 16年ぶりタクシー値上げ »

August 11, 2008

№912 米ドル紙幣は1ドルで

  夜市で売っている可愛い雑貨
Dscf2410

 ベトナムやカンボジアでもそうでしたが、ラオスでは一般的に米ドル(タイバーツも)が流通しています。ラオスの通貨は「キープ」ですが、米ドルとの交換レートは、1ドル=9000キープでした(08年2月)。

 ベトナムでは買い物などの際に、ドル紙幣の金額が大きくて釣銭にもらう多額なベトナムドンに、却って困った苦い経験があります。ベトナムドンが残っても、他国では使うことも再両替も儘ならないのです。
 なので今回のラオス行きでは、日本で米ドルを準備する時、1ドル紙幣を中心に5ドル、10ドルを交ぜて最大でも20ドル紙幣までにしました。特別、大きな買い物をする訳ではありませんし、食事代や雑貨類を買うくらいなら、これで十分です。きっと一番多額な支払いは、ゲストハウスの宿泊代(1泊30ドル)に違いないのですから。

 実際にラオス・ルアンパバーンに行ってみると、案の定1ドル紙幣が役に立ちました。ビアラオの大ビンが、8000キープ、フランスパンのサンドイッチも1万6千キープと、1~2ドルの支払いで足ります。
 屋台の夕食やナイトバザールの買い物も、せいぜい5ドル紙幣まで。これでも大概お釣りが戻ってきます。タイよりも物価が安いので、余計に大きな紙幣を使うことはありません。
 10ドル紙幣を使うのは、ちゃんとしたレストランでの食事か、高めのお土産を買う時くらいしかなさそうです。
予想通り20ドル紙幣の出番は、宿泊代の支払いの時だけでした。

 結局、宿泊代以外は、すべて1ドル紙幣でもよかったくらい。これだと不必要にラオス・キープが貯まる心配もありませんし。

|

« №911 市場の食堂でフォー・ガー | Main | №913 16年ぶりタクシー値上げ »

Comments

突然のコメント、失礼いたします。
私は、九州・福岡のKBCラジオで番組制作を
しております若松 晃と申します。

突然ですが、現在、KBCラジオのパオーンという
番組で、世界の国々に住んでいる日本人の方に、
その国での生活、その土地の人々の様子、
観光地など、電話で話をお伺いする
コーナーを展開しております。

そのコーナーでタイでの生活、
タイでのロングステイのお話、
タイの人々の様子についてなど、
お電話で話して頂きたいと思っております。

コーナーは日本時間で、
水曜日の15:10ごろです。
突然のお話で、お忙しい中とは思いますが
ご検討よろしくお願いします。
お返事お待ちしています。

KBC九州朝日放送 ラジオ制作部
若松 晃
+81-92-752-6320
a-wakamatsu(at)kbc.co.jp
http://www.kbc.co.jp/radio/pao-n/

Posted by: KBC九州朝日放送 | August 11, 2008 at 04:13 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« №911 市場の食堂でフォー・ガー | Main | №913 16年ぶりタクシー値上げ »