« №912 米ドル紙幣は1ドルで | Main | №914 「人生リセットプログラム」始動 »

August 12, 2008

№913 16年ぶりタクシー値上げ

   バンコクのメータータクシー
20051225_dscf0342

 タイのメーター付きタクシーの運賃が値上げされたとのこと。7月3日から実施されていて、今頃取り上げるのもという気もしますが、16年ぶりの値上げということと、原油高騰のあおりを受けて、タイの物価が急上昇している折から、気になるニュースです。

 ネットなどの記事によると、運輸省は7月2日付で、バンコク首都圏と近県を走るタクシーの運賃値上げを認可しました。1992年以来16年ぶりに値上げが実現し、平均13%の値上げとなります。
 値上げ後の運賃は、初乗り料金(35バーツ)はそのままですが、走行距離が現行の2kmから1kmに短縮されました。その後、12キロまでが1km当たり5B、 12~20kmが同5.5B、20~40kmが同6B、40~60kmが同6.5B、60~80kmが同7.5B、以降同8.5Bが加算されます。
 タクシーはLPガスが燃料のため、原油高騰による値上げではなく、物価高騰で生活の圧迫を受けているタクシー運転手の収入を増やすため、と説明されているとか。

 これまでバンコク市内のホテルと空港までのメーター料金は、およそ210~230B。これが値上げで30B(100円)ほど高くなることでしょう。元々安いバンコクのタクシー料金です。1回当たりの値上げ幅もそう気になる額ではありません。

 しかし、最近44~45Bまで値上がりしているガソリン代。このところ落ち着きを見せている原油相場ですが、物価の動向が気がかりです。
 7月のインフレ率は、原油・食品価格の高騰のため、過去10年で最高の9.2%(対前年同月比)。なかでも燃料価格が46.9%の上昇。食品価格も、米、小麦粉など穀物が33.5%、食肉が19.2%値上がりし、全体で11.8%の上昇率になっています。

 このところ日本もガソリン代を筆頭に、食料品など相次いで大幅に値上がりし、インフレ傾向が顕著になってきましたが、タイの物価上昇率は、かなりのものですね。特に食料品の物価上昇は、生活を直撃します。

 「物価が安いタイでロングステイ」と、これからも言えるといいのですが・・・

|

« №912 米ドル紙幣は1ドルで | Main | №914 「人生リセットプログラム」始動 »

Comments

バンコクのタクシーは、天然ガス(NGV/CNG)とLPG いずれもガスで走っています。
ガソリンはほとんどありません。

ガソリンは高騰して1リッター40B前後(最近下落気味)ですが、LPGガスは1リッター10B強で、ほとんど値上がりしていません。
リッターあたりの走行距離が同じなら、4倍も違います。

バンコクのタクシーが安いのは、人件費が安いことが根本要因です。

Posted by: city | August 12, 2008 at 01:57 PM

cityさん
いつも参考になるコメントありがとうございます。
連絡したいことがあるので、メールをいただけませんでしょうか。
よろしくお願いします。

Posted by: 池邉善文 | August 13, 2008 at 02:41 PM

悲しいかな日本の物価も上がっていく一方なので、
タイの割安感は維持されると思われます。。

Posted by: | August 14, 2008 at 11:04 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« №912 米ドル紙幣は1ドルで | Main | №914 「人生リセットプログラム」始動 »