« №926 ペナンから帰国しました  | Main | №928 珍味のメコンの川海苔 »

September 06, 2008

№927 NHKが見られない

  いつもと変わらぬソイ11界隈
016

 サマック政権に対する反政府運動が活発な時期に重なってしまった今回のバンコク行き。8月28日から2日間しか滞在しませんし、クーデターの時も平穏だったと聞いていたので、大して気にしていませんでした。
 実際、ホテルがあるスクンビット地区は平常通り、いつもと変わりません。またBTSの乗降の際の手荷物検査もありませんでした。デモや集会が開かれている首相府周辺など官庁街に行かなければ、特段問題はないと判断できる市内の雰囲気です。

 ところが29日朝、ホテルのテレビを点けると、NHKは音声だけで映像が、ある人物の静止画を貼り付けているだけで、まったく見られなくなっていました。他のタイのチャンネルは、通常通り放送しています。「昨夜まで見られたのに、どうして?」。最初は、よくある「放送権の都合によりご覧いただけません」というお断りの画面かと思いましたが、結局バンコク滞在中は見られないまま。
 
 その後、移動したペナンでは何の障害もなくNHK衛星放送が見られました。NHKを見て知ったのが、タイの非常事態宣言と突然の福田首相辞任のニュース。タイではプーケットなど3空港が一時閉鎖されたり、反政府派と政府支持派の衝突で死者も出たというニュースも流れてきました。
 つまりペナンに来て分かったことは、バンコクでのNHKの放送制限は、やはり一連の政情不安が原因なのだということです。 

 9月3日にペナンを発つまで、インターネットと共にNHKの衛星放送は、タイの状況と日本国内のニュースの貴重な情報源だったのです。とりわけ今回はそうでした。
 そして帰国の際、バンコクでの入出国手続きや空港内の警備、日本へのフライトも定刻と、いつもと何ら変わったことはありませんでした。

 唯一変わったことが、NHKの衛星放送だった訳です。放送内の「海外の安全情報」でトップに流れてくるタイの『非常事態宣言』。現地の状況とは別に、これを見たら、やはりタイへの旅行は控えようという気になってしまうでしょう。
 早く解除され、平穏さを取り戻して欲しいものです。

|

« №926 ペナンから帰国しました  | Main | №928 珍味のメコンの川海苔 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« №926 ペナンから帰国しました  | Main | №928 珍味のメコンの川海苔 »