« №932 ペナンの魅力とは? | Main | №934 タイ映画「サイアム・スクエア」 »

September 18, 2008

№933 バンコクのタクシーはこれだから

   漁港マハチャイの魚屋さん
Dscf1883

 よくトラブルになるのがバンコクのタクシー。空港から市内へ乗車する時、料金を吹っ掛けられるのは日常茶飯事です。
 バンコク郊外の漁港マハチャイからの帰り道のことです。終点ウォンウィエン・ヤイ駅で拾ったタクシーで、またまたトラブルに遭ってしまいました。

 チャオプラヤー川の渡し船の船着場まで、駅で待機しているトゥクトゥクと交渉してみると100Bとやっぱり高い。そこで流しのタクシーを捉まえ、 「チャオプラヤー、ルーア・カーム・ファーク(渡し船)」と行き先を告げると、運転手は「OK!」という返事。何とか通じて一安心です。
 駅前ではUターンできないので、タークシン大王の像が立つロータリーをぐるりと何度も赤信号で停まりながら、ほぼ1周。それから今朝通った道を戻って、トンブリ側の船着場に向うと思いきや、そうではありませんでした。いつの間にかチャオプラヤー川に架かるタクシン橋を渡っているではありませんか。これでは渡し船に乗れません。

 川を渡った所が、BTSタクシン橋駅なんですが、まだ橋の途中なので降りるに降りられません。結局次のスラサック駅まで連れて行くつもりです。半ば諦め顔で乗っていると、真っすぐに走らず、左折してさらに遠回りしようとするのです。行き先は船着場と知っていながら、土地不案内の日本人観光客と見ての振る舞いです。
 流石に頭に来て、赤信号で停まったところを見計らって降りました。メーター料金の50バーツを支払い、「この嘘つき野郎!」(もちろんタイ語ではありませんが)と怒鳴りつけてやりました。

 「これだからなぁ、バンコクのタクシーは↓」。いつものトラブルといいながら・・・

|

« №932 ペナンの魅力とは? | Main | №934 タイ映画「サイアム・スクエア」 »

Comments

50バーツも払いましたか~
確かに、遠回り、渋滞の中を通る輩がいます。
在住者もいるってわからないのでしょうか?
腹立つドライバーに当たると、払わず、ドアも閉めず出ます。annoypunch いくらマイペンライとはいえ、失礼ですから。客に対して。

Posted by: アメージング タイランド | September 26, 2008 at 02:13 PM

私も何度か経験あります。でも、タイは銃社会でもあり、以前、タイに滞在してた時、日本航空の女性職員がタクシーの運転手から銃で撃たれた事件がありました。なので、あまりにもひどい時は私も途中で降りたりします。あと、乗車したあと、メーターを倒さず、指摘しても倒さない運転手もいますが、その時はすぐ降りると抗議し、運賃は1Bたりとも払いません。いずれにしても何でもあり、のタイですね。

Posted by: キャサリン | October 04, 2008 at 09:15 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« №932 ペナンの魅力とは? | Main | №934 タイ映画「サイアム・スクエア」 »