« №945 歩き疲れた時はフットマッサージ | Main | №947 PGのラストフライト »

October 12, 2008

№946 朝食にハーブ麺

 たっぷりのミントとレタスを一緒に
Img_1313

 早朝のルアンパバーン、托鉢を終えて王宮博物館近くの朝市へ。情報誌DACOに紹介されている「ハーブ麺」を食べるためです。宿泊しているゲストハウスは朝食が付いていないので、この日は朝市の見学がてらに、市場内の屋台で「カオプン」という豚モツのスープ麺が朝食です。

 朝市通りの奥の方で、気さくな“おばちゃん”が切り盛りをする「カオプン」屋台を見つけました。テーブルの上には大きなボールに「鶏のぶつ切りの煮込み」や「緑のペースト状の料理、ソース?」をはじめ、様々なラオス料理が盛られていて、後ろには七輪のようなコンロに真っ黒に煤けたずん胴鍋が、白い湯気を立てています。きっとこの中で「豚のモツのスープ」が、煮立っているに違いありません。

 素麺のように細い米の麺に、豚のレバーやモツのこま切れ、そしてもやし、ねぎ、パクチーなどの薬味が添えられて出てきました。これにライムを搾って食べます。地元の客を見ていると、さらに味の素、唐辛子、砂糖などをお好みでトッピングしています。
 まあここは、そのまま食べることに。白い細麺はコシこそありませんが、もち米で作られているせいか、思うほど千切れない。
 豚モツのスープは、意外にクセがなく、さっぱりしたシンプルな味付けです。薄味で物足らないかなと思っていると、“おばちゃん”が、どんぶり一杯のミントとレタスをくれました。今度はミントとレタス、それにパクチーを麺とミックスしながら、いただきます。これらの野菜と薬味が相俟って、まさにヘルシーな「ハーブ麺」です。一気に食べてしまいました。

 量的は物足らないものの、胃袋に優しく朝食には最適な「カオプン」。これで5千キープ(約60円)と、お財布にも優しいのでした。

|

« №945 歩き疲れた時はフットマッサージ | Main | №947 PGのラストフライト »

Comments

家にいても、、
おばあさんと喧嘩をする
ばっかりですので、
おばあさんも連れて
ショートステイを楽しみたいと
思っていますが、この麺はおいしそうですね。

80歳を連れていても
問題はないでしょうか?
(病院などもありますか?)

Posted by: mikan | October 14, 2008 at 09:06 AM

コメントありがとうございます。

80歳でも、お元気で歩くことに問題なければ、
大丈夫かと思います。
診療所、病院はあると思いますが、
バンコクのような総合病院はなさそうです。
個人旅行よりもツアーの方が
いいかもしれませんね。

Posted by: 池邉善文 | October 14, 2008 at 04:20 PM

昨日、メールを差し上げましたナコンパトムにタイ人妻と暮している者です、外国に住むための心構えと予備知識を蓄積するため非常に有効なサイトを維持管理されている貴殿に感心いたしました。
さて、タイロングステイの会の細野様からこのサイトに同じ地域に住んでいる篠原さんの記事がメールで紹介され驚きました、若し差し支えなかったら篠原さんの連絡先を教えていただければ幸いです。

Posted by: ht | November 10, 2008 at 08:58 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« №945 歩き疲れた時はフットマッサージ | Main | №947 PGのラストフライト »