« №963 バトゥ・フェリンギのビーチ | Main | №965 バンコクでの手術 »

November 17, 2008

№964 エアアジア、サーチャージを撤廃

    タイ・サムイ島の上空
049

 タイを訪れる日本人旅行客が減少しています。長引く政情不安に伴う治安の心配が大きな要因になっていますが、さらに、最近までの原油高に伴う燃油サーチャージの高騰が拍車をかけていたことは相違ありません。

 11月12日配信のバンコク週報のメルマガに「エアアジア、燃油サーチャージを撤廃」という見出しが載っていました。早速、同紙のHPでその記事を読んでみると。
「原油価格の下落を受け、東南アジア最大の格安航空会社『エアアジア・グループ』は、11月11日から燃油サーチャージの完全撤廃に踏み切った。
 7月には1バレルあたり150米ドルまでに達した原油価格だが、現在は60米ドル前後にまで下がっている。これに伴って、航空各社は既に燃油サーチャージの引き下げを実施しているが、完全撤廃をしたのはエアーアジアが世界初となった」。

 さらに10日には、タイ国際航空の記事も。
「原油価格の値下がりを受けて、タイ国際航空が燃油サーチャージの更なる引き下げに踏み切った。
 11月7日から、バンコク発ハノイ、ビエンチャン、ラングーン行きの燃油サーチャージは、片道41米ドルが25米ドルに、ソウルと東京行きについては135米ドルが95米ドルに、パリ、ロンドンなどの長距離フライトに関しては215米ドルが149米ドルと、それぞれ30%前後下がった」。

 そもそも「燃油サーチャージとは何か?」を調べてみると、
 「燃油サーチャージとは、原油の高騰に伴って、航空会社の企業努力で吸収しきれない燃油価格の一部を、乗客が負担する追加運賃のことです。
 本来であれば、燃料経費は航空運賃に含まれるものですが、燃油価格の激しい変動に対応するため、また利用者に分かりやすく提示するために、通常の航空運賃とは別に徴収されるものです」。

 そして「燃油サーチャージ額は、原則として四半期ごとに見直しを行い、その改訂基準となる燃油価格は、直近3ヶ月間のシンガポール・ジェット燃料市況価格の平均を用いる。同価格が、1バレル当たり45米ドルを下回った場合には、当運賃は廃止となる 」とあります。

 燃油サーチャージ額は、原油価格に直接連動している訳ではなく、シンガポールでのジェット燃料市況価格を基準にしていることが分かりました。ちなみに10月末には、約80米ドル/バレルと、今年7月初めの180米ドル/バレルと比べると、半分以下まで値下がりしています。
 まだ廃止基準の45米ドルには及びませんが、今回の記事にあるように、航空各社がサーチャージ額の値下げを順次実施することでしょう。最近の円高をバックに、燃油サーチャージの負担減を追い風にして、タイを訪問する日本人客が回復することを願いたいものです。

|

« №963 バトゥ・フェリンギのビーチ | Main | №965 バンコクでの手術 »

Comments

もう、すてきです。
下のブログのビーチも最高です。
絶対にタイに行きます。
は~はやくいきたい~!!

Posted by: mikan | November 17, 2008 at 07:16 AM

客足戻るか?サーチャージ値下げへ…日航と全日空
 
日本航空と全日本空輸は17日、燃料価格に応じて旅客が負担する国際線の「燃油特別付加運賃」(サーチャージ)を値下げすると発表した。

2009年1~3月の発券分が対象で、過去最高額となっている現行水準に比べると、値下げ幅は3割以上となる。

原油価格の下落で航空燃料も大幅に値下がりしたためで、引き下げは07年5月以来、1年8か月ぶりとなる。

値下げ後のサーチャージは、両社とも同額で、欧米向け路線は現行の片道3万3000円から2万2000円になる。ハワイやインドネシア、インド路線は2万2000円から1万4500円に引き下げられる。
バンコク路線は、2万円から12,500円に引き下げられる。

香港や台湾、中国線は1万500円から6000円に、韓国線では4000円から2500円になる。

サーチャージは、過去3か月の燃料の平均価格に応じて、適用される運賃を決める仕組みだ。

今回の改定基準となる8~10月の平均価格は1バレル=115・92ドルと、3か月前の5~7月(1バレル=163・54ドル)から3割も下落した。

サーチャージの高騰が海外旅行の大幅な落ち込みの要因となっており、航空、旅行各社は需要の回復に期待をかけている。

しかし、「景気悪化で出張などビジネス向け需要も冷え込んでおり、どこまで客足が戻るか不透明だ」(大手旅行会社)と厳しい見方も多い。

(2008年11月17日20時04分 読売新聞)

Posted by: Tenmo | November 17, 2008 at 09:22 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« №963 バトゥ・フェリンギのビーチ | Main | №965 バンコクでの手術 »