« №969 ビンタイ市場はラビリンス | Main | №971 ベトナム菓子をお土産に »

November 28, 2008

№970 空港閉鎖される

  スワンナプーム空港の出発口
Dscf2263

 27日夜、タイのソムチャイ首相は、反政府勢力「民主市民連合」が不法占拠しているスワンナプームとドンムアンの両空港に、非常事態宣言を発令しました。

 日本でも大きく報道されている通り、25日夜から各航空会社のフライトの欠航が相次ぎ、タイの空の玄関口であるスワンナプーム空港が閉鎖されたことで、帰国予定の旅行者やビジネスマンが足止めされています。

 新聞記事を読むと、タイ航空の福岡行きは、26日の深夜便から欠航しています。その夜、乗客は空港内で過ごし、次の夜も航空会社が手配したホテルで待機。中には陸路バスでカンボジアのシェムリアップまで移動して、ベトナム経由で関空行きの便に乗り継いで帰国する方もいるとか。考えただけで大変なことです。
 ただタイ周辺の空港まで移動したとしても、そこから日本へのチケットを入手するのが難しい状況のようですが。

 ちょうど先週からタイに行っていた知人に、安否についてメールを出したところ、無事帰国できたということで安心
しました。25日午前中の香港経由のキャセイ航空便で、同日夜福岡に到着したそうです。
 空港が占拠されたのが、その日の午後ですから、ぎりぎりだった訳で本当に運が良かったとしか言えません。それも欠航になった26日深夜のタイ航空と迷った末、疲れが少ない昼間便のキャセイにしたといいますから、なおさらです。

 これまでの首相府の占拠は、地域的にも限定的でその場に行かない限り、一般の観光客に具体的な影響が及ぶことはありませんでした。しかし、今回の騒動で多くの外国人が、直接迷惑や被害を被っています。
 そのため、たとえ空港が再開されても、長引く政情不安によって悪化していたタイのイメージが、決定的なダメージを受けたことは間違いないでしょう。

 昨年、タイを訪れた外国人は約1400万人、観光業はタイのGDPの6%にも達するほど大きな産業です。またスワンナプームの1日の利用者は10万人以上、運行が1日停止するだけで空港の損失額は5千万バーツに上るといいます。
 乾季で観光シーズンを迎えたタイですが、これだけの損失に止まらず、クリスマス休暇やお正月休みでタイを訪れる観光客が激減することが予想されます。

 1日も早く空港の閉鎖が解かれて、平穏さを取り戻すことを祈るばかりです。

|

« №969 ビンタイ市場はラビリンス | Main | №971 ベトナム菓子をお土産に »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« №969 ビンタイ市場はラビリンス | Main | №971 ベトナム菓子をお土産に »