« №974 プーシーの賭け | Main | №976 ルアンパバーンのネットカフェ »

December 06, 2008

№975 福岡・バンコク線減便

   タイ航空機 福岡空港にて
20060802_dscf1068

 08年12月5日の西日本新聞の記事からです。

 反政府団体によるバンコク国際空港占拠などタイの混乱を受け、タイ航空は4日、毎日運航している福岡-バンコク線を週4便に減便することを決めた。

 九州とタイを結ぶ唯一の直行便が大幅に減便されることで、観光や経済交流に大きな影響を与えそうだ。同線は11月27日から欠航が続いているが、今月6日午前1時発の福岡行きから再開する方向で最終調整している。
 変更後は日、火、木、土曜の運航となる。このダイヤは運行再開から来年3月28日まで適用、以降は未定としている。大阪便についても現行の毎日3便から2便に変更する。
 タイ航空の福岡線は1992年、週2便で就航した。バンコクエアウェイズも2006年に就航したが、今年10月に運休した(以上)。

 1週間以上に亘って、バンコクの玄関口スワンナプームが閉鎖された影響が早速出ています。ビジネスマンはともかく、当面観光客はタイを敬遠するのは必至。乗客が減少することを見越しての措置と言えます。原油高のあおりを受けて、10月から休航しているバンコクエアウェイズに続いて、タイ航空まで減便です。一時は2社合わせて週11便もあった直行便が、4便まで減ってしまいました。

 ところで12月5日はプミポン国王の誕生日。前日4日は国王の国民向けの演説があるのが恒例ですが、今年は体調不良を理由に中止になっています。極めて異例のこととか。81歳になられる国王の健康状態が心配されるところですが、国王の“鶴の一声”がなかったとなれば、タイの政情はますます混迷を深めるかもしれません。

 今のところタイ訪問はリスクが大きいので、しばらくは静観しているしかなさそうです。

|

« №974 プーシーの賭け | Main | №976 ルアンパバーンのネットカフェ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« №974 プーシーの賭け | Main | №976 ルアンパバーンのネットカフェ »