« №1001 「観光客 タイへ呼び戻せ」 | Main | №1003 「バンコクの新居完成」 その2 »

January 29, 2009

№1002 バンコクの新居完成

  落ち着いた雰囲気のリビング
028

 08年8月下旬、このブログの№37・38に登場していただいたMさん(64歳)と、バンコクで久しぶりに再会しました。福岡在住のMさんとは、もちろん福岡でお会いする機会が多いのですが、バンコクでは初めてのこと。

 というのも、かねてより購入されていたコンドミニアムが完成し、引渡しを受けるため6月末から訪タイしているMさんを、新居に訪問させていただくことになったからです。しかし、ようやく新居に生活用品や家具などを揃えられたばかりで、慌しい時期にお邪魔してしまいました。

 場所は、シーロムエリアのBTS駅前に聳え立つ高層コンドミニアム。駅の階段を降りると目の前ですから、アクセスの良さは申し分ありません。
 立派なロビーにはスタッフが常駐し、来客や入居者の対応などホテルと同じようなサービスが提供され、セキュリティも万全のようです。館内にはプールやスポーツジム、子どもの遊戯具も完備していて、設備面でもホテル並み。バンコク中心部の高層ビル群を眺めながら、汗を流すことができる贅沢な環境です。

 Mさんのお宅は、30数階建ての15階にあります。エレベーターの階数表示には13・14階がありませんので、実際は何階建てなのか、よく分かりません。
 間取りは2ベッドルーム、2バスルームにリビングダイニング、広さは90㎡ちょっと。大理石の床と落ち着いた色調の内装が、より高級感を醸し出しています。冷蔵庫、オーブン、電子レンジは備え付け。木目の大きなキッチン収納を備えた台所は、広くて使いやすそうです。
 しかし壁紙は、自分の好みで選べるものの、自費で施工しないといけません。それに室内の仕上げが、細かな所で雑なところも気になるとおっしゃいます。
 管理費は2年分の先払い。日本のマンションと同程度の費用で、他に電気、水道料金が必要です。ちなみにガスは、電磁調理器のため使用していません。

つづく

|

« №1001 「観光客 タイへ呼び戻せ」 | Main | №1003 「バンコクの新居完成」 その2 »

Comments

バンコクロングステイ5年生です。
これからもずーっとロングステイのつもりです。いつも拝見させてもらっています。今回の記事、凄く豪邸で羨ましい限りです。ただこれに関して日本人同士での相続は可能でしょうか?2,700万円の寄付は勿体ない。
私の認識では、土地付き購入不可;コンドーは購入可能ですが、日本人(外人)は一代限りと思っていました。相続の代わりに、没後1年以内に売却し現金回収できればそれを持ち帰ることは可能でしょう(?)が・・・
これとて言葉の壁で非常に困難だと思いますし、右から左にすぐ売れればの話。私自身バンコク郊外でコンドー(50㎡)を購入しています。大理石ではなくタイル張り程度ですが、3万B程度の家賃を払うつもりなら2年でペイできる代物です。もう既にペイし終わり、儲けに入っています。没後は、勿論相続は考えておらずタイ国(?)に寄付のつもりですが、どなたか相続に関して説明願えたら幸いです。

Posted by: ロングステイ5年生です | January 29, 2009 at 04:52 PM

バンコクのコンドミニアムは、市内のコンドの利回りは6%程度、郊外で8%程度でしょう。
従って、15年以上住まないと、賃貸の方が有利です。

昔は10%程度の利回りでしたが、これなら、10年住めば、賃貸=購入でした。
従って、現在は、道楽以外に購入はお勧めできません。

唯一、今回の世界大不況で、バンコクのコンドミニアムも今後かなりの下落をする見込みですから、急落するようなら、円高バーツ安を利用して、買うのも一法でしょう。

購入した場合ですが、相続は手続きは基本的に日本と同様です。

しかし、異国での手続きは面倒(専門家に手数料を払って依頼するしかないでしょう)なので、生前に、将来の相続予定者を共有にしておくと、ベターでしょう。

共有にしておけば、売却の期間を1年に制約されず、ゆっくりと進めることができ、買い叩かれる恐れが少なくなります。

Posted by: sapporo | February 03, 2009 at 08:53 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« №1001 「観光客 タイへ呼び戻せ」 | Main | №1003 「バンコクの新居完成」 その2 »