« №1023 ロングステイで自分の生き方探し その7 | Main | №1025 ラオスの焼きちまき »

March 13, 2009

№1024 米ドルをバーツに

    スクンビットの両替商
017

 1ドル90円を割るような超円高は一息つきましたが、09年3月10日現在、それでも98円台で推移していて円高基調が継続しています。
 対バーツについても1万円で3612B(2.77円/B、3月8日バンコク銀行)と、同様に円高傾向です。旅行者だけでなく、ロングステイヤーの方もホッとされていることと思います。

 ずいぶん前のことですが、米ドルをタイバーツに両替したことがあります。ベトナムやラオスでは、米ドルが普通に流通していて、日本円を持っていくよりも米ドルの方が便利なので、所持していたのです。
 07年9月バンコク滞在の最終日、その夜の深夜便で帰国しようという日、手持ちのバーツが少なくなって、ベトナムで使わずに残っていた米ドルを緊急的にタイバーツに両替しました。

 その当時は、今と違ってバーツ高。ホテル近くの両替商で、必要最小限の25米ドル(当時約3000円)をタイバーツへ。交換レートは33.9B/ドル、847.5Bになりました。やはりあまりレートはよくありません。 ちなみに米ドルのバーツへの両替レートは3月10日現在、1ドル36B近くまで上がっていて、タイバーツに対しては、ややドル高傾向になっています。

 この時は、もうベトナムに行くこともないと思って手持ちの米ドルを両替しましたが、その後ラオスへ行きましたし、この4月もまたラオスに行く計画です。ということは前回残っている米ドルは、そのまま現地で使えます。
  日本円から米ドル、そしてタイバーツに両替というのは、2度手数料を取られてしまうので、もうすることもないでしょうが・・・

 ただ次回のタイ・ラオス行きでは、少しだけ円高の恩恵を受けたいものですね。

|

« №1023 ロングステイで自分の生き方探し その7 | Main | №1025 ラオスの焼きちまき »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« №1023 ロングステイで自分の生き方探し その7 | Main | №1025 ラオスの焼きちまき »