« №1035 朝市にランチの買出し | Main | №1037 ラオスから帰国しました »

April 06, 2009

№1036 素朴なラオス雑貨

   素朴で美しいランプシェード
Dscf2419

 3泊したルアンパバーン、毎晩のようにナイトマーケットをぶらぶらと歩きました。部屋にテレビがないこともありますが、素朴なラオス雑貨を見て回るだけでも楽しくて飽きません。

 ゲストハウス前の道路では、陽が傾き出すと露店が開店準備を始め、布地や敷物、バッグにポーチ、クッションカバー、そして下駄のように大きなスリッパまで、様々な雑貨類が路上いっぱいに並べられます。
 どれもモン族のシンプルなデザインや刺繍が施され、“渦巻き模様”が代表的な意匠です。初めは安っぽく思えた“渦巻き模様”も、色の組み合わせの違いや微妙な曲線の具合を何度も見ている内に、素敵に感じられてくるから不思議。

 同じデザインでも夜店ごとに僅かに異なっているので、気に入った雑貨を探す楽しみがあるのです。見て歩いている内に、あちこち目移りしたり、つい買ってしまうことも。
 ある夜、小学1年生くらいの小さな女の子が、健気にも押し花入りの紙製のランプシェードの店番をしていました。「1個1ドルだけど、6個5ドルでいいよ」と、か細くて可愛い声で言われたらもう堪りません。値引き交渉もせずに買ってあげました。

 「もう来ることがないかも・・・」という思いも重なって、結局何だかんだと買ってしまい、雑貨の山になってスーツケースの中は一杯です。
 わたしにとって、タイやベトナムよりも好感度が高かったラオスの雑貨。その上値段も安いので、手軽にいくつも買えます。ベトナム雑貨のように変に高級化しないで、いつまでも素朴なままであって欲しいものです。

|

« №1035 朝市にランチの買出し | Main | №1037 ラオスから帰国しました »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« №1035 朝市にランチの買出し | Main | №1037 ラオスから帰国しました »