« №1037 ラオスから帰国しました | Main | №1039 空港タクシーの顛末 »

April 10, 2009

№1038 エンポリアムのフードコート

ガイヤーンとソムタムそしてカオニャオ
Dscf1928
 バンコク滞在中、現地在住の方と食事をすることが多くて、1人で食事することはあまりありません。
 でも1人の時、よく行くのがエンポリアム内のフードコート。ランチでも夕食でも手軽なところが気に入っています。というより新規開拓していないというのが、本当のところなんですが・・・

 暑い中、外を歩き回るのは大変ですし、スクンビット周辺にいることが多いので、ついエンポリアムに立ち寄る機会が増えます。食事だけでなく、買い物をしたり、涼んだり、時には映画を観ることも。
 ショッピングセンター「パラゴン」のフードコートも面白いんですが、混雑していて騒々しいのと巨大過ぎて、どうも落ち着きません。その点エンポリアムの方が、程よい広さで、お昼時を外せばそんなに混んでいませんし、静かに食事ができます。

 以前はグリーンカレーを食べることが多かったのですが、最近の定番は「ガイヤーン」と「ソムタム」の2品。一度は食べないと、タイに来た気分になれない料理でもあります。
 唐辛子1本、少なめにリクエストして作ってもらう「ソムタム」、さらにたっぷりと生野菜を盛ります。生野菜で辛さを中和しながら食べますが、この辛さが病みつきになって飽きません。
 しっかりと焼き上げられた「ガイヤーン」、これに同じフロアにあるスーパーから買ってきたビアシンを一緒に飲むと、幸せな気分に浸れるというもの。
 
 もちろんバンコクには専門店や美味しい店が数多あるのでしょうが、立ち寄ったついでに食べられる気楽さが、このフードコートにはあります。窓からバンコク市街の高層ビル群と、眼下のベンチャリシ公園を眺めながらの食事も悪くありません。
 1人の食事は、こういう手軽な料理で十分ですね。

|

« №1037 ラオスから帰国しました | Main | №1039 空港タクシーの顛末 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« №1037 ラオスから帰国しました | Main | №1039 空港タクシーの顛末 »