« №1080 ロングステイヤーとの交流 | Main | №1082 バンコクのホテルのプロモーション »

July 02, 2009

№1081 路上は食事と娯楽の場

   ランチ時の簡易食堂の光景
Dscf1844

 ホーチミンで宿泊したのはベンタイン市場近くのホテル、自ずと市場周辺を歩き回ることになります。朝夕そして夜、散策や買い物、食事の帰りに歩いていて気づくのは、路上で食事をしている人たちが多いことです。
 朝食はもちろんのこと、とりわけ夜の路上はお茶や食事、そして娯楽の場と化しています。凸凹で、タダでさえ歩きにくい歩道を占領していますから、避けたり道路側に迂回しないといけません。

 朝早くからやっている簡易食堂の店先の路上では、風呂場にあるようなプラスチック椅子に腰を下ろして、フォー麺をすする庶民たち。
 夜は夜で、家の外に出て路上に座り込んで談笑したり、お茶を飲んだり。夜食を食べている人も多くいます。どうかするとマージャンに興じている人たちも。商店や食堂などが閉っても、夜遅くまで外でおしゃべりしているのです。蒸し暑い南国の夜のことです。家の中にいるよりも、きっと外の方が過ごしやすいのでしょう。
 
 当然、翌朝は歩道のあちらこちらにゴミが散らかっていて、市が雇っていると思われる掃除のおばちゃんたちが、朝早くから忙しいそうに働いています。イタチごっこのようなものですが、ゴミ拾いに税金まで使ってと思うのは日本人だけ?
 でもここは社会主義の国ベトナムです。棄てられたゴミを片付ける清掃も立派な仕事なのでしょうね。

 海鮮屋台や夜店などが商売する場所だけでなくて、ホーチミン市民にとって路上とは“食事や娯楽の場”でもあるようです。

|

« №1080 ロングステイヤーとの交流 | Main | №1082 バンコクのホテルのプロモーション »

Comments

>>>でもここは社会主義の国ベトナムです。棄てられたゴミを片付ける清掃も立派な仕事なのでしょうね。
タイ(BKK)でも同じです。自治体(市)なのか、自治会なのか不明ですが、毎日専属の人が掃除しています。ありがたいことです。

Posted by: BKKオジン | July 02, 2009 at 11:51 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« №1080 ロングステイヤーとの交流 | Main | №1082 バンコクのホテルのプロモーション »