« №1085 TAT発行のバンコクウォーカー | Main | №1087 タイ人の日本旅行熱 »

July 12, 2009

№1086 奥深いジントニック

 時には飲みたいドライ・マティーニ
090629_023

 もし雰囲気のいいホテルのバーなんかで飲むとしたら、ドライマティーニかスコッチのシングルモルトでしょうか。
 キリリと冷えた辛口のマティーニを舐めながら、スタッフドオリーブかじる。やはりカクテルといえばこれですね。あるいはロックグラスの中の丸く削られた大きな氷を少しずつ溶かしながら飲むスコッチ。琥珀色の揺らめきを眺めながら、ほのかな香りを嗅いでピュアな風味を楽しむのは、最高のひと時。こういう時こそ、お酒が飲めてよかったと思う瞬間です。

 とは言っても、そうそう高級なバーに行ける訳ではありません。いつもはタイへのフライトでいただくジントニック、これが定番です。最初にタイビールで喉を潤し、機内食の時は赤ワイン。その後ジントニックを頼みます。
 ジンをトニックウォーターで割っただけの簡単なものですが、美味しい時とそうでない時があるから不思議。昨年秋、休航するまで利用していたバンコクエアウェイズ(PG)のジントニックは、おしなべて美味しかった。

 09年4月帰国する際、タイ国際航空(TG)の深夜便の機内。寝酒を兼ねて日本人のキャビンアテンダント(CA)にジントニックをお願いしたところ、これが美味い! 
 お代わりした2杯目も同じ味、最初と同じ割合で丁寧に作っていることが分かります。若いのにさすがプロ、絶妙です。
PGの日本人CAといい勝負。その上、気を利かせてナッツもくれました。

 ところがタイ人のCAが作った3杯目のは、全然美味しくありません。不味くはないのですが、ジンとトニックのバランスが悪い。こんなにシンプルな飲み物なのに「う~ん、奥深い・・・」と納得しました。

 すでに消灯された機内は、わずかな読書灯しか点いていません。そろそろ眠らなければ。

|

« №1085 TAT発行のバンコクウォーカー | Main | №1087 タイ人の日本旅行熱 »

Comments

カクテルは非常に微妙なものです。
全く同じレシピでも味が違う・・・・・・・

ジントニックにワンフィンガーまで行かない程度の
ソーダを足すと爽やかさが増します。
暑い場所にはもってこいです。
お試しあれ!

ちなみに私はタンカレーのジンを某ホテルのバーに
キープしています。
結構割安になりますよ。

Posted by: ys | July 12, 2009 at 03:09 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« №1085 TAT発行のバンコクウォーカー | Main | №1087 タイ人の日本旅行熱 »