« №1092 1年ぶりの地下鉄 | Main | №1094 「ロングステイ失敗しないための心得」 »

July 26, 2009

№1093 映画館の中は冷蔵庫?

プロンポン駅に直結したエンポリアム
Dscf2213

 バンコク滞在の最終日、それも午後から深夜便までの過ごし方について。つまりホテルを午後2時にレイトチェックアウトし、空港に向かう10時までの時間のことです。
 チェックアウトする前に、シャワーを浴びて着替えを済ませます。深夜便で翌日帰国するまでお風呂に入れないからです。その後はできるだけ汗をかきたくないのが本音。決して暑い外を歩き回るようなことはしません。冷房が効いたレストランやショッピングセンターなど、室内にいるのが一般的。独りでの過ごし方として、とりわけ最適なのが映画を観ることです。

 09年4月、エンポリアム内のシネコンで映画を観ました。タイトルは「NEW IN TOWN」というラブコメディです。主演はあの「ブリジット・ジョーンズの日記」で一躍スターになったレニー・ゼルウィガー。でもこの映画、まだ日本では公開されていません。
 今スクリーンにかかっている数本の映画の大半は、スリラーやアクションものばかり。他に面白そうなのはないし、彼女の映画なら外れはないだろう、それにラブコメなら害はない。ということで決定。夕方6時15分からの上映で、料金は140B(約420円)です。料金表示は120Bとなっているのに、なぜか140Bの請求。まあどうでもいいのですが・・・

 チケット売り場やロビーが蒸し暑いのとは対照的に、館内は冷蔵庫並みに寒い! もちろん長袖持参ですが、覚悟して観ないといけません。 
 予告編を延々10本ほども見せられます。それもスリラーやホラー系ばかり。タイ人のホラー系好きにも程があるというくらいです。長い予告編に引き続き最後は、お決まりの「国王賛歌」。その映像が流れると同時に、観客全員が起立! ここで立たないと不敬罪に問われることも。

 映画の出来は凡庸でしたが、舞台はアメリカ・ミネソタ州の片田舎の町、ストーリーは厳寒の雪景色をバック繰り広げられます。ただでさえ寒い館内に加えて、スクリーンの冬景色ですっかり体の芯まで冷え切りました。まぁ、汗をかきたくないという所期の目的は達成できたのですが(笑い)
 ここはソムタムやチリを効かせたタイ料理で体を温めるしかなさそうです・・・

 上映後、スクリーンの外へ出て長袖を脱いでいると、掃除のおばちゃんが私を見てにっこりを微笑みました。「あんた、よく分かっているじゃないの」みたいな笑顔で。

|

« №1092 1年ぶりの地下鉄 | Main | №1094 「ロングステイ失敗しないための心得」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« №1092 1年ぶりの地下鉄 | Main | №1094 「ロングステイ失敗しないための心得」 »