« №1093 映画館の中は冷蔵庫? | Main | №1095 1時間半の睡眠は辛い »

July 28, 2009

№1094 「ロングステイ失敗しないための心得」

    緑豊かなチェンマイの街
20060809_dscf1205_2

 タイ国政府観光庁でいただいた小冊子「ロングステイ失敗しないための心得」。NPO法人リタイアメント情報センターが“ロングステイ初心者”のために手引き書として、まとめたものです。

 冒頭にこうあります。
 仕事を離れて、美しい海の南国でのんびり暮らす・・・。ロングステイブームは退職後のシニアの夢を大きく広げました。ちょっとした資金と計画性があれば、誰でも憧れの海外生活が楽しめる、それはお仕着せの海外旅行とは違った解放感と豊かさにあふれた経験を期待させるものであった。しかし「年金でメイド付きの豪華な生活ができる」とマスコミが騒ぎ始めた頃から、歪みが生じてきました。

 (中略)本冊子では「海外は危ないからロングステイは危険だ」などと決め付ける気はさらさらありません。リスクは常にあります。日本と同じ治安の良さを求めることは無意味です。しかし、安売りのパック旅行では決して得られない解放感や感動がそこにはあります。一方でロングステイは「生活」でもありますから、そこでは「旅行者」でありながら、賢い「消費者」「生活者」であることが求められます。
 本冊子は、つまらないリスクを避けて、より充実したロングステイを楽しめるような“賢い初心者”になるためのガイドブックです。

 また次のように書いてあります。
 「年金で暮らせるロングステイ」、つまり生活防衛の手段としてのロングステイを求める人々にとって、本書はあまり役に立たないだろう。投資や利殖のシステムの一部としてロングステイを位置づけるような人々に対しても同様といえる。
 まず、海外でどのような暮らしをしたいのかが前提にあり、積極的に生きがいや楽しみ方を発見したいと考える人々が、そのために手持ちの資金を有効に使うという意味において、初めて「安く効率よく生活する」という手段が生きてくるのだと私たちは考えている。

 その他にも「初心者のための海外長期滞在ガイドライン」や、生きがい発見のための「日本語を教えるボランティア活動」を推奨しています。最後にはガイドラインの賛同事業者・団体の紹介もあって、これからロングステイを検討しようという方には心強い存在です。
 ロングステイに関する相談窓口もあるようなので、関心がある方はどうぞ。

 Eメール kaigai-c@retire-info.org

|

« №1093 映画館の中は冷蔵庫? | Main | №1095 1時間半の睡眠は辛い »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« №1093 映画館の中は冷蔵庫? | Main | №1095 1時間半の睡眠は辛い »