« №1105 夕陽のプーシーの丘 | Main | №1107 今日からタイ・ブルネイへ »

August 21, 2009

№1106 ペナン植物園

    清々しい朝の植物園
Img_1478

 ペナン島の観光スポットといえば、極楽寺にヘビ寺、そしてペナンヒルと、すぐにいくつか思い浮かびます。それ以外にも最近世界遺産に指定された旧市街など見どころには事欠きません。

 08年9月初めてのペナン。せっかくなので、この定番の観光地に一度は行ってみようと、ペナンヒル行きを思い立ちました。ところが折悪く、頂上へのケーブルカーが工事中で登れません。しかし、ペナン植物園入口からランドローバーで登山道を走る代替ルートがあることが分かりました。
 早朝ホテルから赤い「TEKSI」に乗って登山口に行きましたが、時刻は9時前、数名のスタッフはいるものの、お客さんは誰もいません。しばらく待っても同じこと。じっとしてても仕方ないので、隣の「ペナン植物園」を歩いてみることに。

 ペナン植物園は、丘陵地の谷間を利用して造られていて、約72エーカーの広大な敷地です。公営なのか入園料は無料。市民の憩いの場になっているようで、朝早くから多くの市民が、散歩やジョギングに来ています。また太極拳を楽しむグループも。
 きれいに舗装された遊歩道を歩くと、手入れが行き届いた芝生に珍しい熱帯植物が、あちらこちらに植栽されています。途中、ジャングルのように鬱蒼としたエリアもあってワイルドな雰囲気、変化があって散歩には最適です。

 そして園内を流れる小川のせせらぎと、湿気を含んでいるもののひんやりした空気が清々しくて気持ちいい。とても熱帯のペナンとは思えません。毎朝、大勢の市民が訪れるのがよく分かります。

 園内を一周りして登山口に戻ってきましたが、相変わらずお客はゼロ。運転手も手持無沙汰の様子です。結局ペナンヒル登山は断念・・・
 「ケーブルカーで登りなさい」ということなのでしょう。思い掛けず植物園を歩けたことを良しとし、ペナンヒルは次回の楽しみにして植物園を後にしました。
 

|

« №1105 夕陽のプーシーの丘 | Main | №1107 今日からタイ・ブルネイへ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« №1105 夕陽のプーシーの丘 | Main | №1107 今日からタイ・ブルネイへ »