« №1106 ペナン植物園 | Main | №1108 ルアンパバーン空港にて »

August 23, 2009

№1107 今日からタイ・ブルネイへ

   スワンナプーム空港にて
2009_012

 今日8月23日、バンコク経由でボルネオ島のブルネイ王国へ出発します。11時45分TG649便で福岡を発ち、バンコクで4時間のトランジット、そしてブルネイの首都バンダル・スリ・ブガワンに到着するのが深夜23時15分。ホテルにチェックインする頃には12時を回っていることでしょう。それでもなんとかその日の内にブルネイに到着することができます。ちなみにバンコクからは2時間45分のフライト。
 4泊の滞在でバンコクに戻るのが、27日の午後。日本に帰国するのは30日の早朝です。

 ずっと高額な燃油サーチャージを払わされ続けていましたが、タイ航空はゼロ。ブルネイ航空が若干要るくらいで大変助かります。エアライン2社の乗り継ぎにはなるものの、それでも8万2千円程度の航空チケット料金で収まりましたので、ブルネイに行くには絶好のチャンスともいえます。

 このところラオスのルアンパバーンやマレーシア・ペナン、ベトナム・ホーチミンなど東南アジア各地まで足を延ばしてきましたが、今回は世界有数の富豪ボルキア国王が国家元首のブルネイです。天然ガスなどの豊かな地下資源を背景に、所得税がないという国でもあります。
 威容を誇るオールドモスクと世界最大といわれる水上集落の対比は、ぜひ見ておきたいところ。そして郊外に広がるウル・トウンブロン国立公園の熱帯雨林も見逃せません。
 三重県ほどしかない小さな国ですが見どころは一杯、好奇心をそそられる国です。 

 一方敬虔なイスラム教徒の国で、一切アルコールが販売されていません。ただし外国人には一定量のお酒の持ち込みが認められていますから、スワンナプームの免税店で買い込まなければ(笑い)。

 今回バンコクには短期間しかいませんが、旧知の方々との再会が楽しみです。みなさまの近況や現地の情報などを教えていただいて、有意義な滞在にしたいと思っています。
 帰国するともう8月末。短かった夏が終わろうとしていることでしょう。9月以降、秋の気配を感じながら、ゆっくりとブルネイ報告をさせていただきます。

 では行ってきます!

|

« №1106 ペナン植物園 | Main | №1108 ルアンパバーン空港にて »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« №1106 ペナン植物園 | Main | №1108 ルアンパバーン空港にて »