« №1107 今日からタイ・ブルネイへ | Main | №1109 6時間のトランジット »

August 25, 2009

№1108 ルアンパバーン空港にて

  バンコクへ折り返すプーケット号
Dscf2437

 08年2月初めてのラオス・ルアンパバーンの滞在を終え、帰国の途に着きました。福岡までバンコク経由で14時間も掛かる長旅です。

 ゲストハウスからトゥクトゥクで空港に着いたのが14時ちょうど。搭乗するのは16時5分発のPG946、まだチェックインカウンターが開いていません。一番乗りはいいのですが早過ぎました・・・
 それでも14時8分にチェックイン完了。離陸後すぐに通過するプーシーの丘を見るために右側の最後尾18Dを指定しました。福岡便のチェックインは、スワンナプームのトランジットカウンターで手続きとのこと。

 ボーディングタイムの15時45分まで、かなり時間があります。文庫本はスーツケースの中、そのまま預けたことを後悔しますがもう後の祭り。狭いターミナルビルの中ですることがなく、一旦外へ出ました。免税店や食堂が入ってるビルや敷地外の簡易食堂などを眺めて回りますが、目ぼしいものは何もありません。
 再びターミナルビルへ。また手荷物検査を受け直します。

 小さな空港なんですが、バンコクエアウェイズ(PG)のラウンジがあるのに気付きました。エコノミークラスでも使えるのです。こじんまりしたラウンジ内で、レモングラスジュースとロールケーキをもらいます。しかしこのジュースが甘過ぎて飲めません。
 パソコンが1台置いてあり日本のHPを開きますが、日本語表示がありません。他の乗客で混み合ってきたので、14時55分ラウンジを出て一般の待合室へ。それにしても文庫本がないのは痛い。今更ガイドブックを読んでも仕方ないし・・・
 iPodを聴くことにしました。流れてきたコブクロの「桜」が妙に懐かしく感じられます。しばらく日本を離れているせいでしょうか?

 空港内の銀行の両替表示を見てみると1ドル=8994キープと9千キープを割っており、一層ドル安が進んでいます。
 15時15分、出国手続き。入管の2人の男性係員、わたしのパスポートを見て「これ何年前の写真?」と聞かれました。「日本のパスポートは10年間有効だから、9年前の写真だよ」と答えると、2人から笑われてしまいました。
 「そりゃ仕方ないだろう、若い時の写真なんだから」と心の中で呟きながら・・・

 
 15時21分、バンコクからのPG機が着陸しました。この折り返し便に搭乗するわけです。しかし着陸した方向が気になるところ。同じ方向へ離陸すると、プーシーの丘が見えないのです。
 曇っていた空が段々と晴れてきました。
 15時53分、搭乗案内があり、ようやく機内へ。小型のATR機の名前は「プーケット」号。70人乗り座席に乗客は20人ほどと空いています。周辺のシートには誰もいません。

 16時01分、機体が動き出しました。さあ、どちら側へ離陸するのか? 期待と不安が交錯したまま滑走路へ向かいます。

(PS)その結果は、以前の記事で紹介しています。

|

« №1107 今日からタイ・ブルネイへ | Main | №1109 6時間のトランジット »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« №1107 今日からタイ・ブルネイへ | Main | №1109 6時間のトランジット »