« №1123 タイ映画「カティの幸せ」 | Main | №1125 中庭の九官鳥 »

September 26, 2009

№1124 タイ国際航空の機内サービス その2

   嬉しいデンファレのサービス
Dscf0022

その2
 チノパンにはいくつもの赤い染みが・・・
 すぐにきれいに拭き取ってしまわないと、赤ワインの染みは取れなくなってしまいます。ホットタオルをもらって、何度も何度も叩くようにして拭きますが、なかなか赤い斑点消えません。
 これも旅のエピソードと、平謝りの若いCAを慰めます。緊張感でテンパっているYさん「もう少し肩の力を抜いて、リラックスして仕事しましょうね」。

 スパイシーな香りのするチキン料理を前にして、10分近くも拭き取り作業です。手も疲れてくるほどやってみましたが、どうしても薄っすらと染みが残ります。仕方ありません。ここらであきらめて、そろそろ食事に戻ることに。
 スパイスの効いたチキンとカシューナッツのバランスがよくて、そこそこ美味。赤ワインと合います。これに野菜炒めの付け合わせと、タイ風炊き込みご飯。
 オードブルのスモークサーモン、クリームチーズを付けて食べるのは、わたし好みです。これまたワインが進みます。

 食後は、お決まりのジントニックですが、少し薄めな感じでバランスが悪い。それにライムでなくてレモンというのも残念。2杯目ももう一つ。今思えば、バンコクエアウェイズのジントニックは美味しかった!!
 3杯目を頼もうと、コールボタンを押しますが、なかなかやって来ない客室乗務員。その上タイ人のCAには微笑みもありません。「リストラの風でも吹いているんじゃないの?」と思うくらい、サービスの質が落ちています。接客に余裕がないのです。出てきたジントニックは、氷は少ないし単なるジンの水割りでした・・・

 しかし、良かったサービスもあります。到着前のホットタオルとランの生花のサービスです。ジャスミンの香りのするホットタオルは、ジンの酔いで昼寝をした後には爽やかで、スッキリと目が覚めます。
 コサージュにしたデンファレのプレゼントも、嬉しいサービスです。以前はなかったような気がしますが、持ち帰ってホテルの部屋に飾りました。

 14時48分、無事スワンナプームに到着。ほとんどショックを感じないソフトランディングに拍手!
 
 ロイヤルブルネイ航空へのトランジット。4時間半もあります。さてどう過ごしましょうか・・・

|

« №1123 タイ映画「カティの幸せ」 | Main | №1125 中庭の九官鳥 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« №1123 タイ映画「カティの幸せ」 | Main | №1125 中庭の九官鳥 »