« №1131 BTSの車内は携帯ばかり | Main | №1133 ペナン・ロングステイの下見 »

October 12, 2009

№1132 E&0ホテルでランチ・ビュッフェ

  味と雰囲気はいいのですが・・・
148

 マレーシア・ペナン島を代表するホテルといえば、イースタン&オリエント(E&0)ホテルです。かって「スエズ運河以東で最高のホテル」と称された由緒あるホテルで、そのコロニアル様式の白亜の建物は、紺碧の空とのコントラストが眩しいくらい。
 わたしが宿泊したベイビュー・ホテルの裏手に位置し、その優雅な姿を朝な夕なに眺めていました。

 一人で宿泊するには贅沢なので、せめて1階のレストランでランチ・ビュッフェをいただくことに。料金は税サ込みで、48.3RM(約1500円)と割合リーズナブル。
 裕福そうな中華系の奥さんたち約20人が、レストランの中央に陣取っていて賑やか、というよりうるさいくらい。奥さんたちが集まって、おしゃべりしながらランチをするのは、日本と同じようです。

 料理は洋風よりも中華やマレー系の料理が多く、ソムタムに似たものやタイ風玉子サラダも。日本の太巻き寿司がありますが、でんぶとか甘そうな具材ばかりで食指が動きません。
 メインは、その場で調理してくれるシーフード・バーベキューです。エビやサーモンを中心に焼いてもらい、後はオードブルやサラダをお皿に取って重厚なテーブルへ運びます。
 味はまあまあ、歴史を感じさせる雰囲気のよいレストランなんですが、おばちゃんたちのお喋りがうるさい。ちょっと落ち着きません。どうしてチャイニーズは集まると、こうもうるさいのでしょうか・・・

 ビュッフェといっても、料理はあまり欲張らずにデザートへ。アイスクリームやマレー系のスウィーツ「アイス・カチャン」はお腹が冷えるし、見るからに甘そうなケーキもパスです。
 フルーツは、スイカ、パパイヤ、バナナなどE&0ホテルといえども定番のものばかり。やっぱりマンゴーなどの高級フルーツはありません。それでもイチゴ、マンゴー、ドラゴンフルーツ、そしてマスカットも入っているフルーツポンチを見つけて、お替わりするほどいただきました。これは美味しかった。
 締めのコーヒーを飲む頃には、お腹一杯です。

 この間、約1時間。おばちゃんたちのランチ会ならぬ“お喋り会”は、まだまだ続くのでした・・・

 さてロビーへ移動して、ペナン最後のひと時を寛ぐことにしましょう。

|

« №1131 BTSの車内は携帯ばかり | Main | №1133 ペナン・ロングステイの下見 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« №1131 BTSの車内は携帯ばかり | Main | №1133 ペナン・ロングステイの下見 »