« №1132 E&0ホテルでランチ・ビュッフェ | Main | №1134 バンコクで眼鏡を新調 »

October 14, 2009

№1133 ペナン・ロングステイの下見

  旧市街とランドマークのコムタ
Img_1410

 多くの日本人ロングステイヤ-が滞在するマレーシアのペナン、08年9月初めて訪問しました。なるほど都市とビーチリゾートの良さを兼ね備え、物価が安く生活環境も整っているなど、その人気の程を実感したところです。とりわけ格安の家賃は、ロングステイする上で大きな魅力と言っていいでしょう。

 この「東洋の真珠」とも称されるペナンに、知り合いのシニアご夫妻がロングステイの下見に出掛けられ、その結果をレポートしていただきました。
 ご夫妻は、NZの南島のガーデンシティ・クライストチャーチで、毎年10月から3月までの約半年間、ロングステイをなさっている海外生活が経験豊富な方です。
  
 「小生自身アジア人であるにも拘らず、東南アジアを始め、暑いところは全てを苦手としているものですから、無理は禁物と心得、戸外での行動はできるだけ午前中、日陰の休憩タイムを十分に取る、滞在期間の中間に安息日を設けるなど、小心翼翼とプランを立てて、一応予定通りに運ぶことができました」。 

① 宿泊ホテルは「CITITEL HOTEL」。評判の良い日本料理店があるらしいことを保険にしたのですが、結果的に朝食のビュッフェは 「BAYVIEW HOTEL PENANG」の方が美味しかったです。
② ジョージタウンを中心に近辺の観光。
③ コンドミニアム、サーヴィス・アパートメント、キッチン付ホテルの見学。この次の機会があるとすれば、サービス・アパートメントがよいと判断しました。

④ 現地のロングステイヤー宅の訪問。「COCONUT CLUB社」の紹介により、Kさんというご夫婦を訪ねました。
⑤ デパート、スーパーマーケット、屋台村、レストランなどの使い勝手を調べる。
⑥ 宿泊ホテルのレストランを全て、複数回味見する。それぞれに美味。
⑦ 最終日の仕上げにマッサージを試みましたが、家内は好み小生は好まない。

 「どれもこれも、平均点はいけそうだと判断しました。しかしながら、年中真夏の熱帯、平均気温が32℃の環境はいかんともし難いのであります。それに飲み水は必ずミネラル、常に携帯を忘れぬこととなれば、不便そのもの。
 結論として熱帯の街ペナンでのロングステイは、私達には不可となりました」。

 残念ながらペナンでのロングステイは向かなかったという結論ですが、実際に自分の目と足で確認してのこと。これがロングステイをするに当たって、一番重要なポイントと思います。
 もし具体的な候補地があるのなら、一度現地を下見をして、自分の希望や趣向、生活スタイルなどが適っているのかどうか、確かめることをお勧めします。


|

« №1132 E&0ホテルでランチ・ビュッフェ | Main | №1134 バンコクで眼鏡を新調 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« №1132 E&0ホテルでランチ・ビュッフェ | Main | №1134 バンコクで眼鏡を新調 »