« №1133 ペナン・ロングステイの下見 | Main | №1135 托鉢は後ろ姿がいい »

October 16, 2009

№1134 バンコクで眼鏡を新調

      東京メガネの外観
20050805_dscf0081

 09年8月、眼鏡を新調しました。日本よりもバンコクの方が安い、と聞いて買ったのが4年前のこと。前回と同じスクンビット通り、プロンポン駅にほど近い「東京メガネ」にお世話になりました。

 永らくコンタクトレンズ派だったのですが、4年前に購入した眼鏡が軽量タイプで、一日中掛けていても疲れないため眼鏡派へ。その後も同店にはバンコクに行く度に、クリーニングのために立ち寄っていました。
 しかし、レンズに少し傷が入るなど流石に古さを隠せなくなり、買い換えることにしたのです。

 いくつかフレームを見せてもらい、お気に入りのタイプを探します。今ひとつ、ピンとくるものが見つからないなあと思っていると、店長が薦めてくれたのが、サングラス兼用のスポーツタイプのフレーム。小さな磁石が、両方の「つる」の根元に埋め込まれていて、そこにサングラスのフレームを重ねて載せるという仕組みです。
 その分、少し重くはなりますが、ゴルフや車の運転にはとても便利。度付きサングラスとしても使えます。この優れもののフレームで決まりです! 

 フレームが決まったら次は視力検査。結果は前回と同じでホッとしました。度が進んでなくて一安心。レンズを加工して、翌日には出来上がるとのこと。

 さて気になるのは価格です。フレームは日本製、レンズも日本の大手メーカーのもの。定価11900バーツのところ、10%OFFで10710バーツ。
 後日送られてきたクレジットカードの請求額は、30104円でした。おそらく日本で同じ眼鏡を買った場合、4.5万~5万くらいするのではないでしょうか。店長の話によると、日本のメーカーがタイで生産しているため、レンズが安価なんだとか。

 併せてVATの手続きをしてくれました。タイへの旅行者は、タイ国内で購入した合計5,000バーツ以上の買物について7%の税金(Value-Added Tax)分を、帰国時に空港で払い戻してもらうことができるのです。払い戻し額は750バーツ(約2000円)と、ばかになりません。
 ところが何を考えていたのか、VATのことをすっかり忘れてしまい、申請しないまま帰国してしまったのです。とほほ・・・

 しかし、ゴルフ・ドライブではとても重宝しています。もしバンコクに行かれることがあったら、眼鏡もショッピングのリストに入れてみてはいかがでしょうか。

|

« №1133 ペナン・ロングステイの下見 | Main | №1135 托鉢は後ろ姿がいい »

Comments

何度かクルーンテープで安物のめがねを作り
ましたがフレームが今一でした、日本製
なら安心、12月から又行きますので
トライして見たいと思います。

インドネシアで12年前作ったドイツ製の
フレームレンズも何度か入れ替えましたが、
ついにご臨終。smile

やはりいいものは丈夫で長持ちします。
情報有難うございます。

Posted by: KINKON | October 16, 2009 at 08:52 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« №1133 ペナン・ロングステイの下見 | Main | №1135 托鉢は後ろ姿がいい »