« №1148 NHKは映らないブルネイホテル | Main | №1150 マンゴー採りの子どもたち »

November 15, 2009

№1149 ライムを買ってジンを飲む

   ブルネイで飲むジンライム
Dscf0176
 
 ブルネイの国教はイスラム教です。そのため一切のアルコール販売が禁止されている「禁酒の国」でもあります。
 ブルネイ行きを決めた時、その事実を知って一瞬戸惑いましたが、イスラム教徒以外の外国人旅行者には、アルコールの持ち込みが許可されていると分かって一安心。持ち込めるのは、酒類2本およびビール12缶までに制限されていて、空港の税関で申請手続きをしないといけません。

 そこでブルネイへのフライトの前、スワンナプーム空港の免税店でお酒を買うことにしました。最近では免税店でお酒を買うことは、ほとんどありません。高級なウイスキーやブランデーに関心が無くなったことと、日本でも安く買えるようになって、わざわざ重たいお酒を持って帰る必要性がないからです。

 タイで一番多く飲むのは、やはりビール。暑い国では欠かせません。ブルネイでもビールは必需品と思って探しますが、免税店には置いていないことが判明して、またもやショック・・・
 ラオス・ルアンパバーンへはワインを持参しましたが、今回はビール代わりにジンを1本。それとオーストラリア産の赤ワイン(SHIRAZ)の2本を購入。現地でライムを買って、ジンライムを楽しむことにしましょう。

 ブルネイ到着後、ホテルの冷蔵庫にジンのボトルをそのまま冷やし、朝市で買ってきたライムを搾ってジンライムの出来上がり。コンビニがなく一般的な商店では氷を入手しにくかったので、冷たいミネラルウォーターで割ります。これでも十分に美味しい!
 ホテルのバーで飲むマティーニやジントニックもいいですが、ブルネイ産のライムを搾ったジンライムは、ここでしか飲めない格別の味わいがあります。
 また薄めに作ると、シャワーを浴びた後の喉を潤すにも最適です。明日はトニックウォーターを買ってきて、ジントニックを作りますか。

 市内のレストランで食べる夕食には、お酒がありませんので、ホテルに帰って毎晩、ナイトキャップとしてジンを飲むことになります。結局、4泊で1本全部空けてしまいました。
 自分でも飲み過ぎを思いつつ、夜は部屋でテレビを見ながら、ジンを飲むしか楽しみがありませんので、お許しを。

|

« №1148 NHKは映らないブルネイホテル | Main | №1150 マンゴー採りの子どもたち »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« №1148 NHKは映らないブルネイホテル | Main | №1150 マンゴー採りの子どもたち »