« №1151 美人が多いラオス女性 | Main | №1153 ありがたいレイトチェックアウト »

November 21, 2009

№1152 ラオスのソムタムは美味い!

    ラオスのソムタム屋台
2009_044

 タイに行くと必ず食べる料理は、地鶏の炭火焼のガイヤーンと青パパイヤのサラダ「ソムタム」です。とりわけソムタムは、欠かせません。青パパイヤのシャキシャキの食感と唐辛子の効いた辛さに、ハマっています。

 ソムタムはタイ東北部イサーンの郷土料理ですが、お隣ラオスにもありました。ラオス語で「タム・マークフン」といい、もち米を蒸した「カオニャオ」と一緒にいただけば、それだけで十分な食事になります。

 08年に引き続き、今年4月にも訪問したラオス・ルアンパバーン。3泊の滞在中、毎晩ソムタムをテイクアウト専門の屋台で買ってきて食べました。
 作り方はタイと同じ。木製の臼の中で、細切りの青パパイヤと調味料などを混ぜながらトントンと叩いて作ります。唐辛子は1本だけにして、他に入れるのは、2つに切った薄紫色をした小ナスとミニトマト。タイのソムタムで使う干しエビなどは入れません。
 そしてナンプラーの代わりに「パーデーク」を使うのがラオス流。パーデークとは、塩付けした魚のエキス、つまり魚醤のことです。精製していない素の魚醤なので、ラオスのソムタムは黒っぽい色をしています。
 最後にライムをたっぷり搾って出来上がり。ライムもそのまま入れます。一人前のお代は7千キープ、約90円です。

 ゲストハウスに持ち帰って、ソーセージなどをおかずに晩ご飯をいただきます。
 唐辛子1本なのにスパイシー!! でも後を引く美味さです。パーデークの独特の旨味があって食べ飽きません。パパイヤ以上に食感がいいのが小ナス。コリコリした歯応えが何ともいいのです。さらに付け合わせキャベツが、唐辛子の辛さとは反対にすごく甘く感じられて、口直しにピッタリ。
 
 正直に言って、タイの「ソムタム」よりもラオスの「タム・マークフン」の方が、わたしの好みですね。

|

« №1151 美人が多いラオス女性 | Main | №1153 ありがたいレイトチェックアウト »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« №1151 美人が多いラオス女性 | Main | №1153 ありがたいレイトチェックアウト »