« №1160 ウル・トゥンブロン国立公園のエコツアー その3 | Main | №1162 ウル・トゥンブロン国立公園のエコツアー その4 »

December 09, 2009

№1161 BTSウォン・ウィアン・ヤイ駅へ

  BTSはチャオプラヤー川を渡る
Dscf0271

 バンコクでの足として欠かせないBTS、市内の移動には必ずといっていいほど利用します。トゥクトゥクや水上バスも時々使いますが、バスやバイクタクシーには乗ったことがありません。

 これまでは定宿近くのナナ駅を起点に乗車していましたが、09年8月宿泊したホテルは、シーロム線チョンノンシー駅前。今回はここが出発点になります。パラゴンなどがあるサイアム駅まで3駅と、思っていたよりアクセスがよくて便利。ずっとスクンビット・エリア中心の移動が多かったので、シーロム地区は遠いというイメージが強かったのです。

 シーロム線の終点は、チャオプラヤー河畔のサパーンタクシン駅でしたが、川向こうのウォン・ウィアン・ヤイ駅までの2.2Kmが完成し、09年5月営業を開始しました。
 チョンノンシー駅からサパーンタクシン駅まで2駅と近く、開業したウォン・ウィアン・ヤイ駅まで行ってみることに。未明に降り出した雨も上がり、8時45分チョンノンシー駅へ。ホームのモニターから福原美穂が歌う花王のCMソング「雪の光」が聞こえてきます。もう何度も聞いて「耳にタコ」状態です。バンコクで日本の曲を覚えてしまうなんて(苦笑)。

 サパーンタクシン駅へ向かう途中、絶景の夜景が望めるレストラン・バーがあるステートタワーが目の前に見えます。サパーンタクシン駅で多くの乗客が降り、ここから先が今年開業した部分です。
 BTSはチャオプラヤー川を渡ります。タクシーやバスで平行する橋を渡ったことはありますが、BTSでは初体験。慌てて写真を撮ります。
 あっけなく川を渡りました。
本当に便利になったものです。今まではBTSを降りて、渡し船に乗っていたのですから。

 すぐにクルントンブリ駅、そして今回終点駅となったウォン・ウィアン・ヤイ駅に到着。ここまで来ると乗客もまばらです。ホームに降り駅周辺を見渡しますが、普通の市街地と大きな幹線道路が延びているだけ。
 歩き回っても取り立てて面白いスポットはなさそうな雰囲気だし、タクシン王の像があるロータリーや、漁港マハチャイ行きのローカル線の始発駅ウォン・ウィアン・ヤイ駅までも遠そうです。
 その上、雨上がりの蒸し暑さも加わって歩く気もしません。今日は駅から降りることは止めて、そのまま引き返すことにしました。

 帰りのBTSは、土曜日の朝ということもあってのんびりとした車内。若い女性がお化粧をしている光景は、日本と同じです。決していい感じはしないのですが、「車内でのお化粧」は、今や国際的に共通なのでしょうか?・・・

|

« №1160 ウル・トゥンブロン国立公園のエコツアー その3 | Main | №1162 ウル・トゥンブロン国立公園のエコツアー その4 »

Comments

明日からクルンテープ(BKK)にお邪魔します。
まだ仕事でも、観光でも長期間は滞在した
事がないビギナーです、今回は嫁さんの
日本での仕事の関係で2ヶ月の予定です。

我が家はこの延長されたBTSの川を渡った
先のラマIIの奥にあります。golf

色々ご指導頂きたく宜しくお願い申し上げます。

Posted by: KINKON | December 19, 2009 at 08:26 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« №1160 ウル・トゥンブロン国立公園のエコツアー その3 | Main | №1162 ウル・トゥンブロン国立公園のエコツアー その4 »