« №1178 ドリアンの食べ比べ | Main | №1180 ゲストハウスの下見 »

January 13, 2010

№1179 PGのオフィスへ

メインストリートのシーサワンウォン通り
Img_1577

 バンコクからラオス・ルアンパバーンへのフライトは、バンコク・エアウェイズ(PG)。以前はバンコク・福岡路線もあったのですが、休航になってしまい残念なことです。
 なので09年4月、2度目のルアンパバーンへは、バンコクまでがタイ国際航空。そして、マイレージを使ってPGに乗り継ぎます。ちなみに10年1月現在、バンコクから一番安いチケットで往復7500バーツ(約22000円)から。

 往きは、スワンナプーム発11時40分発のPG943便。快適な2時間のフライトで、無事ルアンパバーンに到着しました。帰りは、3日後のPG942便を予約しています。
 さて問題なのが、12時10分発のPG942便、1日2便ルアンパバーン・バンコク間を飛んでいる内の早い方のフライトなのです。遅い方は、14時20分発のPG944便。
 マイレージを利用したオンライン予約のためか、早い時間のPG942便しか取れませんでした。2時間といえども、少しでも長く滞在したいと思うのが、人情というもの。そこでPGの広島支店に問い合わせたところ、もし遅い便に空きがあった場合、現地オフィスで変更できるかも知れないとの情報。

 ルアンパバーン滞在2日目、早速目抜き通りの「シーサワンウォン通り」にオフィスを構えるPGの支店へ寄ってみることに。周囲の土産物屋やレストランと同じ平屋建てのオフィスに入ると、ブルーの制服を着た女性スタッフが、にこやかに応対してくれました。
 用件を伝えると、すぐにパソコンで最新の予約状況を確認してもらいましたが、希望のPG944便はあいにく満席で、変更不可とのこと。わたしが予約している便は、まだ余裕があるものの、はやり遅い便の方から先に埋まってしまいます。その上、日曜日のフライトなので、尚のことです。
 仕方ありません。今回は現地ツアーに参加せず、その分のんびりまったりと自由な時間を満喫することにしましょう。

 PGのルアンパバーン支店、分かりやすい場所ですし、フレンドリーなスタッフが、急なフライトの変更や手配も親切に応じてくれるはずです。

|

« №1178 ドリアンの食べ比べ | Main | №1180 ゲストハウスの下見 »

Comments

タイでロングステイ中です。
ところで、ラオス;ブルネイでは日本人のロングステイが可能でしょうか?可能ならばその条件は・・・?
タイでは50歳以上80万Bとかありますが。観光ブログのようですが、題意の通りいま少しロングステイの話題を希望します。

Posted by: BKK | January 14, 2010 at 03:42 PM

タイでロングステイ中です。
ところで、ラオス;ブルネイでは日本人のロングステイが可能でしょうか?可能ならばその条件は・・・?
タイでは50歳以上80万Bとかありますが。観光ブログのようですが、題意の通りいま少しロングステイの話題を希望します。

Posted by: BKKオジン | January 14, 2010 at 03:44 PM

いつもブログを読んでいただき、そして今回コメントをいただきましてありがとうございます。

お尋ねの件ですが、ラオス、ブルネイにはタイのようなロングステイビザはありません。
観光目的では14~15日間までがノービザです。

ビザの点から言うと、東南アジアでは、やはりタイとマレーシアがロングステイの適地だと思います。
ですから、タイでロングステイをしながら周辺各国の旅行を楽しむ方がいいでしょう。

さて私自身、知らない所の旅行を楽しみたいこともありますが、東南アジア各国の旅行情報も有用と思って、記事を書いているところです。

福岡在住で仕事の合間に、1週間程度の滞在を年2回、東南アジア訪問を通しての記事です。
仕事ではなく、全くの個人旅行と取材ですから、その範囲にも限界があります。
その辺りの事情をお酌みとりください。

なおタイのロングステイ事情については、これまである程度の情報を提供してきたつもりです。
カテゴリー別に検索していただき、過去の記事を参考にしていただけないでしょうか。
よろしくお願いします。

Posted by: 池邉善文 | January 15, 2010 at 09:08 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« №1178 ドリアンの食べ比べ | Main | №1180 ゲストハウスの下見 »