« №1187 ロングステイと健康問題 | Main | №1189 ナイトマーケットは夜8時から »

January 31, 2010

№1188 ロングステイと健康問題 その2

    チェンマイの市場にて
Img_0320
その2
 さて、シニアのロングステイヤーの方々と永年お付き合いさせていただいていると、気になるのが健康問題です。

 みなさん、お元気で健康に自信があったからこそ、実行されたロングステイ。もし病気になったとしても、タイは医療水準が高いから安心だと、ロングステイの適地と考えられています。確かにその通りで、日本並み、もしくはそれ以上に立派な総合病院が、バンコクにはたくさんあります。

 しかしながら健康だから始められたロングステイも、長く滞在する内に、予想以上に病気に罹られる方が多いのに気付きました。それも癌や脳疾患など重い病気が大半。元々持病があったとは聞きませんので、ロングステイ中に発症したことになります。

 現地タイで治療される方、一旦帰国して国内で治療に専念される方とそれぞれです。高度な医療を誇るバンコクの総合病院で治療を受けられた方は、医療技術そのものより症状を説明する時などの言葉の問題、つまりドクターとのコミュニケーションに苦労したとおっしゃいます。いくら日本語通訳がいても、細かな点についていざ意思疎通を図ろうとするのは難しいことなのです。

 幸いなことにどなたも平癒されていますが、ロングステイの計画が変更になったのは言うまでもありません。

 中には日本の国民健康保険を脱退し、タイでも無保険。そして定期健診もほとんど受診しなくても大病を患わない頑健な方もいらっしゃいます。しかし、それは例外的と考えた方がよさそう。
 やはり加齢とともに、疾患に罹る確率は高くなるものと考えて、国民健康保険を継続し、現地での医療に即時対応できる海外旅行保険に加入するなど万が一の備えは必要なこと。さらに人間ドック等の健康診断は、病気の予防や早期発見につながるので、ぜひ定期的に受診したいものです。
 健康だからこそ続けられるロングステイなのですから。

|

« №1187 ロングステイと健康問題 | Main | №1189 ナイトマーケットは夜8時から »

Comments

10日ほど前セントルイス病院で血液検査:
最初は私のみ、後で嫁さんも受診しました、
医者でも無いのに色々チェック項目を指定したり
して、土日も通常通り開業していて、日本より
機能的には上ではないかとおもいました。

そ入れ歯の修理もしてもらいました。

老後の健康は自分で管理していかないと、日本に
いても海外でもいけないと思います。

海外にいて住所をこちらに移しても国民健康保険
に入れるのでしょうか? 基本的な質問で申し訳
ありません。


Posted by: KINKON | February 04, 2010 at 04:45 PM

国外へ転出届を出すと、
国民健康保険の資格は、喪失すると思います。

海外での医療費についても、日本国内の保険基準によって部分的ですが、国民健康保険の対象になります。

総合的に判断してください。

Posted by: 池邉善文 | February 07, 2010 at 02:03 PM

国民皆保険の精神から、日本国民に戻れば
すぐ保険証をもらえると友人から聞きました。
もしこれが本当なら、日本に戻れれば大丈夫。

まだ会社の保険を延長してますが、一寸
心配になりました、ご指導ありがとう
ございます。

Posted by: KINKON | February 11, 2010 at 09:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« №1187 ロングステイと健康問題 | Main | №1189 ナイトマーケットは夜8時から »