« №1205 ヘリテージホテルの朝食 | Main | №1207 南シナ海の夕景 »

March 10, 2010

№1206 タウンウォッチングは午前中に

    炎天下を歩くお坊さん
Dscf2330
 バンコクをはじめ、ルアンパバーンやブルネイでもタウンウォッチングは、決まって午前中です。“午後は暑い”からが、その理由。炎天下一日中観光しているのは、ツアー客くらいのものでしょう。
 気楽なひとり旅は、こんな時に便利。好きな時に好きな場所に行けます。天気や気分次第で、行き先を決めればいいのですから。

 例えばラオス・ルアンパバーン。まずは早朝6時に始まる托鉢。まだ肌寒い朝靄の中、オレンジの法衣を纏った僧侶の長い列は必見。道端に控え敬虔な気持ちで喜捨すると、清々しく心が洗われます。
 しかし、30分ほどで終わってしまう托鉢、寝坊すると見逃してしまうので要注意。

 その後は、川霧に煙る大河メコンを眺めながら、悠久の時の流れに浸るも良し。あるいはまだ誰もいないプーシーの丘に登るも一興です。
 夕陽のスポットで人気のプーシーの丘ですが、ぼんやりと霞む山の稜線、朝靄に沈む街並みや寺院、朝餉の支度のために民家から立ち上る煙などが望めます。そして静かな街並みから聞こえてくるのが、バイクの排気音。早くも仕事や市場に出掛けるのか、大きなバイク音が麓から湧き上がってくるようです。  
 メコンにしろプーシーにしろ、朝ならではの景色も風情があるというもの。

 朝市で買ってきた朝食やフルーツを食べると、今度は市内の散策です。9時頃にはスタート。「黄金の国」を表現した壁のレリーフで有名な「ワットマイ」や、仏塔の形がスイカを半分に切ったように見えるという「ワットビスンナラート」など、名刹を巡るのもよいでしょう。小さな街ですから、地図を片手にゆっくりと回れます。

 わたしのお薦めは、大通りから入り込んだ“小径”を探して歩くこと。車は入って来れない赤レンガを敷き詰めた歩道と、それに覆いかぶさるような豊かな緑や花。ルアンパバーンには、いくつもの美しい“小径”があります。

 托鉢の頃は、トレーナーを羽織るくらい肌寒かったものの、12時近くになると軽く30℃を超す気温。お坊さんも大きな日傘をさして歩くほどです。
 早々にゲストハウスに引き上げシャワーを浴びると、渇いた喉にビアラオを飲み干すのが楽しみ。それにバケットのサンドイッチに赤ワインがあったら、もう言うことありません。
 涼しいテラスでほろ酔いになったら、お決まりの昼寝。暑い昼間は午睡に限りますzzz

|

« №1205 ヘリテージホテルの朝食 | Main | №1207 南シナ海の夕景 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« №1205 ヘリテージホテルの朝食 | Main | №1207 南シナ海の夕景 »