« №1206 タウンウォッチングは午前中に | Main | №1208 お詫び »

March 14, 2010

№1207 南シナ海の夕景

    南シナ海の美しい夕景
Dscf0223

 ブルネイの最高級ホテル「エンパイヤホテル」。チャンピオンコースのゴルフ場が隣接する、南シナ海に面した豪華なリゾートホテルです。ホテルの詳細は後日に譲るとして、ここからの“絶景の夕焼け”の紹介をしたいと思います。

 現地のツアーガイド「ジロン」に案内されて「エンパイヤホテル」に到着したのが、18時16分。首都バンダル・スリ・ブガワンからは車で20~30分ほどの距離なので、車をチャーターするかタクシーを利用するのが便利です。

 ホテル内に入ると、そこは宮殿と見間違うような立派なロビー。総ガラス張りの大きな窓から眩しいばかりの夕陽が差し込んで、ロビー全体を黄金色に染めています。太陽が、ちょうど南シナ海に沈もうとする絶好のタイミング!
 しかし、あっと言う間に太陽が、雲間に隠れると同時に、ロビーも黄金の輝きを失いました。その間わずか2分ほど、シャッターを押す余裕もないくらい短い時間でした。

 そこで3層からなる壮大なロビーの1階へ降りて、慌てて建物の外にあるプールサイドへ。薄暗くなって誰もいないプールとラグーン、そしてビーチの向こうには、穏やかな南シナ海が広がっていて、3つの異なる水面は、それぞれにオレンジ色に反射しています。
 水平線の上空は、まだ黄金色の輝きを保ち、西の空全体を染めて上げています。それにしても美しい残照です!

 刻一刻と、その表情を変えていきます。少しずつ黄金の明るさが失われ、反対に暗闇が支配する部分が増えていく、その微妙な変化がまた美しい。何度も何度もデジカメのシャッターを押し続けました。

 ビーチリゾートには縁がない私にとっては、絶景の夕景でした。お楽しみください。

|

« №1206 タウンウォッチングは午前中に | Main | №1208 お詫び »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« №1206 タウンウォッチングは午前中に | Main | №1208 お詫び »