« №1209 怪しげな空港タクシーの運転手 | Main | №1211 ブルネイのゴルフ事情 »

March 28, 2010

№1210 ジュルドン・パーク遊園地

 入口から回転木馬が見えるものの
Dscf0217

 “東南アジアで一番”という遊園地が、小さな国ブルネイにあることをご存知ですか?

 その名は「ジュルドン・パーク遊園地」。わたしが、この遊園地を知ったのは、おそらく20年ほど前のこと。ある写真週刊誌に紹介されていたからです。
 今でも覚えているのは、東京ディズニーランド並の大遊園地の入場料とアトラクションが、すべて“無料”だったこと。「そんな遊園地が、この世界にあるのか!」と驚いた記憶があります。何でもブルネイの王様が、王子たちのために建設したというのですが、それにしてもすごい財力です。

 09年8月、東南アジアのどこに行こうかと思案した時、ブルネイに決めた理由のひとつが、実はこの「ジュルドン・パーク遊園地」を思い出したからです。
 壮大な王宮と水上集落「カンポン・アイール」の対比、そして手付かずの熱帯雨林のエコツアーも魅力的でしたが、どんな遊園地なのかこの目で確かめたいという好奇心も大きな動機となりました。

 現在は一般国民に開放されていて、入場料は有料になったものの1ブルネイドル(約70円)と、それでも安い。回転木馬からジェットコースターなど30種類以上のアトラクションがあるんだとか。
 ただし開園は、夕方5時から。暑い国なので、夜間だけの営業とユニークです。

 ガイドのジロンにリクエストして案内してもらうことに。首都バンダル・スリ・ブガワンのニューモスクから車で10分ほど。到着したのは18時。なのにクローズしていて営業していません。どうして?
 ジロンに尋ねてもらうと、8月中は20時オープンらしいことが分かりました。さすがに後2時間もじっと待つ訳にもいきません。残念ですが・・・

 しかし、広大な敷地を入口から遠望するだけでしたが、実際に来たのだという満足感で十分です。 
 
 急に西の空が晴れてきて黄金色に染まり、東の空には虹が!! 再び訪問できることと幸運がありますように・・・

|

« №1209 怪しげな空港タクシーの運転手 | Main | №1211 ブルネイのゴルフ事情 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« №1209 怪しげな空港タクシーの運転手 | Main | №1211 ブルネイのゴルフ事情 »