« March 2010 | Main | May 2010 »

April 11, 2010

№1211 ブルネイのゴルフ事情

 一度は宿泊したいエンパイヤホテル
Dscf0225

 今年のマスターズ・ゴルフ、注目の石川遼選手は、惜しくも予選落ち。ファンの一人として応援していただけに残念ですが、オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブ、簡単には攻略できない難コースですね。来年に期待しましょう。

 さて今回は、ブルネイのゴルフ事情です。面積は三重県ほどの小国ですが、首都バンダル・スリ・ブガワンの空港とジュルドン・パーク遊園地周辺には3ヶ所のゴルフコースがあります。

 わたしが見たのは、ブルネイで最も豪華な7つ星ホテル「エンパイヤホテル」に隣接する18ホールのゴルフコースです。夕暮れ時でその全容は確認できませんでしたが、手入れが行き届いた立派なゴルフコースだということは、一見しただけで分かりました。何でもジャック・ニクラウスの設計なんだとか。
 ガイドブックによると、グリーンフィーは平日で150ブルネイドル(約1万円)。日本のコースと比較して割高とは思いませんが、現地の物価からすると、高級なゴルフ場です。なお、ホテルの宿泊者は、割安な料金でプレイできるようです。

 会員でなくてもプレイできるので、最高級のビーチリゾート「エンパイヤホテル」に滞在しながら、このチャンピオンコースで、一度ラウンドしたいものですね。

 同じく名門コースと言われているのが「ロイヤル・ブルネイ・ゴルフ&カントリークラブ」。ここは、以前は王族などのVIP専用だったというコース。現在は会員制クラブとして運営されていますが、ビジターもプレイ可能とか。平日のプレイ料金は、90ブルネイドルとあります。

 そしてもう1つは、通称エアポート・ゴルフクラブといわれる「ロイヤル・ブルネイ・ゴルフコース」。ここも18ホールを備えた本格的なコースですが、平日は35ブルネイドルとリーズナブル(但しグリーンフィーは、変動があると思われますのでご了承ください)。

 どのコースも週末を除けば、ゆったりとプレイを楽しむことができるそうですから、ブルネイで“ゴルフ三昧”もいいかもしれませんね。

| | Comments (0)

« March 2010 | Main | May 2010 »