« №1211 ブルネイのゴルフ事情 | Main | №1213 太宰府の飛梅 »

May 02, 2010

№1212 壮大なニューモスク

   夕暮れ前のニューモスク
Dscf0215

 ブルネイ王国を代表する2つの建築物「オールドモスク」と「ニューモスク」。もっとも王宮は別としてですが。

 1958年に完成した「オールドモスク」は、首都バンダル・スリ・ブガワンのランドマークになっている優雅なモスクです。市街地にあって身近に目にすることができる白亜の外観と黄金のドームは、時々刻々と容姿を変化させ、その美しさに魅了されます。

 もう一方の「ニューモスク」は、現ボルキア国王が、在位25周年を記念して1994年に完成させたもので、5000人も収容できるというから驚きです。市内中心部から離れているので、ガイドのジロンにジュルドン・パーク遊園地などと一緒に案内してもらいました。

 到着したのは17時40分。よく晴れてはいるものの既に陽は傾き、逆光で陰影が深くなったモスクは、より一層重厚な印象を与えています。その伝統的なデザインと建築様式は、優雅な「オールドモスク」とは全く対照的。どちらかというと、名前とは反対にこちらの方が歴史を感じるのは、わたしだけでしょうか?

 正面からはさほど大きく感じなかったのですが、横に回って見ると、奥にもうひとつ巨大なドームが隠れていました。西日を受けて黄金色に輝いています。さすがに壮大です。

 中でもひと際目を引くのが、巨大なドームを取り囲むようにして空高くそそり立つ4本の尖塔(ミナレット)。 「オールドモスク」にはない特徴です。モザイク画のような文様の尖塔の頂上には、どこかUFOに似た黄金のドームが載っていて、そのまま宇宙へ飛び立つロケットのようにも思えます。
 中央のドームの高さが、約30mくらい。さらに高さ40mはあろうかという尖塔は、ウル・トゥンブロン国立公園のキャノピーウォークとほぼ同じです。あの尖塔の頂上と同じ高さに立ったのか思うと、改めて恐怖が蘇ってくるやら、感心するやら。我がことながら信じられません。

 そしてモスクがいかに大きいかと実感するのは、全体像がカメラのファインダーになかなか収まらないのと、遠く離れた道路からもその存在感は別格のものだからです。

 イスラム教徒以外でも指定された日時であれば、内部の見学も可能とか。今回は夕暮れ時で内部に入れませんでしたが、次回は是非に。
 「オールドモスク」とは趣が異なり風格を感じさせる「ニューモスク」、必見です!!

|

« №1211 ブルネイのゴルフ事情 | Main | №1213 太宰府の飛梅 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« №1211 ブルネイのゴルフ事情 | Main | №1213 太宰府の飛梅 »