« №1214 NZクライストチャーチの大地震 | Main | №1216 ブンミおじさんの森 »

March 06, 2011

№1215 花粉症の季節は沖縄へ

     竹富島の琉球民家
20051015_dscf0126

 3月に入り、スギ花粉の本格的な飛散の時期を迎えています。幸いなことに私は無縁なのですが、花粉症の方にとっては、辛い時期ですね。
 以前のブログ記事で「花粉症の季節は、タイでロングステイしてはどうですか」と提案したことがあります。

 そしたら3月2日の西日本新聞に「花粉症の季節は沖縄へ」(50~60代の長期滞在増える)という記事が目に留まりました。

 「くしゃみ、鼻水、目のかゆみ。鼻が詰まって、頭もボーッ。今年は飛散量が多いといわれているだけに、こうした症状が出る心配が少ない場所で花粉症の季節を過ごそうと、沖縄県に長期滞在する人が目立っている。旅行業界では旅のきっかけづくりとして期待する動きもある。
 沖縄で短期滞在のマンションを展開する不動産業者は、花粉症からの避難や避寒を兼ねた滞在予約や問い合わせが増えている。50~60代の夫婦が予約の中心で、1月ごろから2、3ヶ月程度滞在する人が多い。部屋料金は2人で滞在する場合、1ヶ月約16万円。業者によると『症状が出なかったことを喜んで、次の年の予約をする方もいます』と話す。

 旅行会社JTBでは、2月に開催した顧客向けのセミナーで花粉症対策を取り上げ、沖縄旅行を提案した。2回、3回と訪れている人もいる場所だけに、旅行の新たなきっかけ作りとしての期待がある。
 ただ、この季節に長期間休める人は多くない。『週末に1日プラスするして、少しでも花粉から離れるだけでも気分が代わるはずです』と提案する」。

 これまでも国内の長期滞在や移住先として人気がある沖縄本島や石垣島。花粉症の方も、辛い症状から避難するために沖縄で過ごしてみてはいかがでしょうか。

|

« №1214 NZクライストチャーチの大地震 | Main | №1216 ブンミおじさんの森 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« №1214 NZクライストチャーチの大地震 | Main | №1216 ブンミおじさんの森 »