« February 2011 | Main | June 2011 »

March 06, 2011

№1215 花粉症の季節は沖縄へ

     竹富島の琉球民家
20051015_dscf0126

 3月に入り、スギ花粉の本格的な飛散の時期を迎えています。幸いなことに私は無縁なのですが、花粉症の方にとっては、辛い時期ですね。
 以前のブログ記事で「花粉症の季節は、タイでロングステイしてはどうですか」と提案したことがあります。

 そしたら3月2日の西日本新聞に「花粉症の季節は沖縄へ」(50~60代の長期滞在増える)という記事が目に留まりました。

 「くしゃみ、鼻水、目のかゆみ。鼻が詰まって、頭もボーッ。今年は飛散量が多いといわれているだけに、こうした症状が出る心配が少ない場所で花粉症の季節を過ごそうと、沖縄県に長期滞在する人が目立っている。旅行業界では旅のきっかけづくりとして期待する動きもある。
 沖縄で短期滞在のマンションを展開する不動産業者は、花粉症からの避難や避寒を兼ねた滞在予約や問い合わせが増えている。50~60代の夫婦が予約の中心で、1月ごろから2、3ヶ月程度滞在する人が多い。部屋料金は2人で滞在する場合、1ヶ月約16万円。業者によると『症状が出なかったことを喜んで、次の年の予約をする方もいます』と話す。

 旅行会社JTBでは、2月に開催した顧客向けのセミナーで花粉症対策を取り上げ、沖縄旅行を提案した。2回、3回と訪れている人もいる場所だけに、旅行の新たなきっかけ作りとしての期待がある。
 ただ、この季節に長期間休める人は多くない。『週末に1日プラスするして、少しでも花粉から離れるだけでも気分が代わるはずです』と提案する」。

 これまでも国内の長期滞在や移住先として人気がある沖縄本島や石垣島。花粉症の方も、辛い症状から避難するために沖縄で過ごしてみてはいかがでしょうか。

| | Comments (0)

March 04, 2011

№1214 NZクライストチャーチの大地震

   クライストチャーチ大聖堂
220pxchristchurchcathedral1_gobeirn


2011年2月22日、NZ南島最大の都市クライストチャーチをマグニチュード6.3の直下型地震が襲った。震源の深さが約5kmと浅いため、ビルなど建物の倒壊による死者・行方不明者は200人を上回り、日本人の語学学校の学生や留学生らが多数、地震災害に巻き込まれる事態となっている。

 “ガーデンシティ”とも呼ばれる美しい街クライストチャーチ。100年余り前に完成したネオゴシック建築の美しいクライストチャーチ大聖堂が、市街地の中心に聳え、観光スポットと同時に街のランドマークでもある。 観光用の路面電車トラムが走り、西方向には緑豊かなハグレイ公園や、パント舟が遊覧するエイボン川。

 また毎年2月には「ガーデンフェスティバル」が開催され、街中が花と緑に包まれ、一般家庭でも庭造りの品評を競うコンテストがあるほど。まさに“ガーデンシティ”に名に恥じない美しい街で、私も10年ほど前に一度行ったことがあり、いつかは再訪したいと思っています。

 比較的温暖な気候とも相俟って、観光客だけにでなく、日本人のロングステイヤーにも人気のクライストチャーチ。南半球のため日本とは季節が反対で、冬の時期をNZで過ごそうという日本人シニアは、以前から多いのです。
 私の知り合いのご夫婦も住宅を購入されて、毎年のように半年間、ロングステイをなさっている。

 広大なカンタベリー平野の彼方には、白い雪を頂くサザンアルプスの山並み。そんな静かで平和な街を突然の地震が襲ったのです。クライストチャーチ大聖堂の塔が崩壊したのは、ご存知の通り。
 早速、知人のご夫妻にメールや国際電話を試みましたが、未だに連絡が取れていません。必ず、無事でいらっしゃると思うのですが・・・
 昨年9月の地震でも、現地はかなり被害を受けたと聞いていましたので、今回もまだ通信なども混乱しているに違いありません。

 日本人の学生をはじめ、長期滞在中の邦人の方々の無事を祈念し、一日も早い街の復興を期待したいものです。

PS その後、ようやく知り合いのご夫妻と連絡が取れて、帰国されていることが分かりました。ご自宅等被害の程は分かりませんが、お二人とも怪我もなくご無事であったことが何よりでした。

| | Comments (0)

« February 2011 | Main | June 2011 »