« №1228 遼くん、観戦記 | Main | №1230 Facebook »

August 31, 2011

№1229 「宇土櫓へ」

     重厚な姿の宇土櫓
Dscf0172

 “武者返し”の美しい石垣を眺めながら、国指定の重要文化財「宇土櫓」へ。この櫓を登るのは初めて。本丸の西北隅、20mの高石垣の上に建つ3層5階、地上約19mの櫓で、天守並みの構造と大きさを誇ります。
 西南戦争でも難を逃れ、当時のままの姿を保っています。

 内部は一般公開されているので見学しない手はありません。入口手前の白壁にはいくつもの銃口が開いています。また中に入るとすぐに敵の攻撃に対する「石落とし」の仕掛けがあって、石垣をよじ登る敵に石を投げ落とす訳です。

 うす暗い内部、所々ろうそくのような灯りに照らされた室内は、ありし日々を彷彿させる雰囲気。清正はじめ武将たちが、今にも出てきそうな感じです。

 すり減って黒光りした階段を一歩一歩登ります。降りてくる人と譲り合いながら。急で狭い階段も敵の攻撃から守るためでしょう。登りつめると四方を見渡せる最上階に出ます。
 風が吹き抜けて汗を乾かせてくれます。西には金峰山、東には天守閣が聳えています。そして南北は市街地が見渡せて、気分爽快です。
 しばし涼んで降りることにしました。

 熊本城、改めて見学してみると、新たな発見があるものです。九州新幹線の全線開通によって、中国・関西方面からの入園者が増えているとか。天守閣こそ再建されたものですが、日本の名城のひとつ。広い城の敷地を歩くだけでも400年前にタイムスリップできます。

 緑溢れ名水の街熊本は、美しい街です。
 市電に揺られて水前寺公園へ、そして美味しい馬肉や名物からし蓮根に舌鼓。ゆるキャラ「くまモン」も市内のあちこちで歓待してくれることでしょう。

|

« №1228 遼くん、観戦記 | Main | №1230 Facebook »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« №1228 遼くん、観戦記 | Main | №1230 Facebook »