« №1221 ロイクラトン | Main | №1223 インラック新首相の「8」 »

August 18, 2011

№1222 円高でメリット

バンコク・エアウェイズ機 福岡空港にて
Dscf1690

 アメリカ国債のデフォルト(債務不履行)問題に端を発した今回のドル安円高。リーマンショック以降の景気低迷、そして今年3月の東日本大震災による景気停滞、ようやくサプライチェーンの回復に伴って日本経済も上向き傾向かと期待していた矢先の“超円高”です。

 8月18日現在、ネット情報では1ドル76.47円と過去最高水準を伺っています。
 この夏、円高メリットを享受しようと、金券ショップでドル買いをする人たちのニュースが流れていましたが、金券ショップのドルが底をついたとか・・・
 また、海外旅行客が急増するかと思いきや、去年の夏並みだといいます。石油価格の高騰で燃油サーチャージも急騰していて、円高メリットを打ち消してしまっているからです。

 アメリカのデフォルトによる国際通貨「ドル」の崩壊懸念や信用不安、そしてギリシャの財政破綻から連鎖する欧州のユーロ安。日本経済にとっては、国内経済の停滞と相俟って“内憂外患”状態に陥っています。

 あれこれ心配してばかりでは仕方ないので、ここは震災復興による景気回復を期待し、個人ベースではお金を貯め込まないで、当たり前にお金を使うしかないですね。

 ちなみにタイ・バーツに目を転じると、8月17日現在バンコク銀行レートで1万円に対し3813バーツと、2008年12月の3856バーツの最高値に迫る勢いです。
 少なくともわたしはこんな高値で両替したことはありません。ヘタをすると3000バーツ前後のレートもありましたし。

 http://hellobangkokthai.com/12kawase.html

 在タイのロングステイヤーの方々は、昨今の円高メリットを享受されていることと察します。10月、久しぶりに訪タイするので、もうしばらくそこそこの円高水準が続いてほしいものですね。

|

« №1221 ロイクラトン | Main | №1223 インラック新首相の「8」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« №1221 ロイクラトン | Main | №1223 インラック新首相の「8」 »