« №1233 映画「僕たちは世界を変えることができない」 | Main | №1235 タイ映画「恋するリトル・コメディアン」 »

September 16, 2011

№1234 幸せの国ブータン

31person1

 GNH(グロス・ナショナル・ハピネス=国民総幸福)の王国ブータン。

 9月16日の西日本新聞の記事からです。
 今年7月、国連総会は「社会経済開発の達成および測定のために“幸福”という観点をより一層取り入れる」よう全加盟国に求める決議を採択した。

 決議は「幸福の追求は基本的な人類のゴールである」とし、物やお金で測るGNP(国民総生産)やGDP(国内総生産)は人々の真の豊かさを表す指標としては十分でなく、「GNHこそ国連の目指す開発課題に貢献できる」とする。
 国連決議によって、GNHの追求は、貧困の撲滅や環境の持続可能性確保など2015年までに達成すべき八つの目標を掲げた国連の「ミレニアム開発目標」の9番目に追加された。

 そしてGNPの限界について、暗殺直前の68年3月18日、故ロバート・ケネディの米大統領選に向けたスピーチが紹介されています。
 「GNPの中には、子どもたちの健康も教育の質も、遊びの楽しさも含まれていない。詩の美しさも、夫婦の絆の強さも、…私たちの機知も勇気も、知識も学びも。私たち一人一人の慈悲深さも、国への献身的な態度も。要するに、国の富を測るはずのGNPからは、私たちの生きがいの全てがすっぽり抜け落ちている」 (記事抜粋)

 日本社会を見ても、高度経済成長以来これまでGNP,GDP至上主義で走ってきました。しかし今年3月の東日本大震災を契機にして、日本人の心や意識は確実に変化していると思います。お金や物では得られない大切なものがあると、気付き始めています。
 それを象徴するのが、「絆」という言葉でしょう。自分は独りではなく家族や恋人、友人、地域の人たちと繋がっているのだと。

 よく日本人は外圧でしか変わらないと言われます。しかし不幸な天災を福となすような心豊かな日本社会を構築する時機なのです。

|

« №1233 映画「僕たちは世界を変えることができない」 | Main | №1235 タイ映画「恋するリトル・コメディアン」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« №1233 映画「僕たちは世界を変えることができない」 | Main | №1235 タイ映画「恋するリトル・コメディアン」 »