« №1235 タイ映画「恋するリトル・コメディアン」 | Main | №1237 アジアマンス 2011 »

September 26, 2011

№1236 超バーツ安!

   チェンマイのナイトマーケット
20060806_dscf1144

 このところ円高バーツ安が進んでいる。

 アメリカのデフォルト問題やギリシャの金融不安に端を発する欧州ユーロ安に伴って相対的な円高が続いていましたが、9月に入るとタイバーツを始め、アジア各国の通貨も総じて円に対して安くなっているのです。

 9月23日現在でみると、バンコク銀行の両替レートは、1万円で3963バーツと4000バーツに迫る勢い。この10年間では最高の水準です。市内の両替商ではすでに4000バーツ超えになっているとか。 いつも3000バーツを境に両替レートの上下に一喜一憂していたことを思うと、夢のような円高バーツ安です。

 そんなに円高になる要因はありませんが、難しい金融議論は置いといて、ここはバーツ安を享受するしかありません!

 たまたま計画している10月末のチェンマイ行き。いつもより贅沢な食事や買い物が楽しみです。予定より多く両替して次回以降のタイ行きに備えましょうか☆

|

« №1235 タイ映画「恋するリトル・コメディアン」 | Main | №1237 アジアマンス 2011 »

Comments

はじめましてhappy01バーツ安 おめでとうございます。チェンマイですか?いいっすね。僕はイサンのウドンタニで冬を過ごしてます。11月に入ります。バーツ安ですが、さらに進む予想です。円高要因は対外負債0、対外純資産が大幅なプラス ぐらいですね。バーツ売りの要因はたくさんです。ミャンマー自由化に伴う外資移転リスク 最低賃金アップに伴うインフレリスク 自動車取得補助金に伴う 輸出国側の輸入規制リスク タクシン帰国に伴う 国内混乱リスク 米価引き上げに伴う 米輸出減退リスク 等々 きりないです。やはり最大問題はタイ資本企業の国際競争力が低いことが 韓国との違いで 日系企業頼みの産業構造にあるようです。日系企業の利益は日系金融機関が独占していますから 欧米金融機関には タイ産業には魅力がないのでしょう。 僕の見立てでは 1米ドル 35バーツまでは下落します。これは過去の定常値ですね。円は現状程度で推移すると思いますから、1バーツ 2、2円 10000円が4600バーツ 銀行両替レートが4500バーツといったところです。この水準になるまでは 必要な額だけの両替にとどめた方が良いと思われます。happy01今後の バーツ安の進行はタクシン帰国のスケジュールと連動すると思われます。happy01

Posted by: ヨーチン | September 26, 2011 at 11:48 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« №1235 タイ映画「恋するリトル・コメディアン」 | Main | №1237 アジアマンス 2011 »