« №1238 タイの洪水拡大 | Main | №1240 天草西海岸の夕陽 »

October 12, 2011

№1239 水害タイ・アユタヤ

     アユタヤの遺跡群
Img_0525

 このところアユタヤのホンダ工場が水没するなど、洪水のニュースが流れるタイ。
 10月9日、西日本新聞の記事からです。

 世界遺産の遺跡を有し、日本人観光客にも人気のタイ中部のアユタヤが深刻な水害に見舞われている。雨季の大雨による洪水被害が拡大。今も水が引かず、人々の生活はもちろん、遺跡群や産業へも影響が及んでいる。 

 首都バンコクに至るチャオプラヤー川など河川に囲まれたアユタヤ。高低差がないため水はなかなかはけない。かさを増した川の水は岸を越えて街に流れ込む。
 堤防を築いたが一部は決壊。水の深さは人の背丈を超えたところもある。移動は舟。

 500以上の寺院があるといわれるアユタヤ。既に200以上に水が忍び寄っている。
 約650年の歴史があるヤイチャイモンコン寺。取材に訪れた日、満水になった裏池の水が境内に入るのを防ごうと土のう積みを急いでいた。しかし排水溝から逆流する水で境内は見る見る冠水。

 専門家は「アユタヤの遺跡はれんがを野積みしたもの。長時間水に浸かると土台が腐食し崩れる恐れがある」と警告。アユタヤ県では堤防のかさ上げなど遺跡群の防衛に懸命だ(以上抜粋)。

 
 元々高低差が少ないタイ中部から南部。一旦大雨が降れば洪水の危険性が大きい地域で、雨季末期ともなれば毎年のように洪水が起きています。がしかし今年は数十年来の洪水だとか。操業を停止するタイの日系企業も多いようです。

 NHKのBS放送を見ると、今月一杯は雨の予報と言っています。さらに首都バンコクまで洪水のエリアが拡大する可能性もあって、まだまだ予断を許しません。
 今月末にはチェンマイに入りますが、少し心配です。

 在タイのみなさま。注意なさってください。

|

« №1238 タイの洪水拡大 | Main | №1240 天草西海岸の夕陽 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« №1238 タイの洪水拡大 | Main | №1240 天草西海岸の夕陽 »