« September 2011 | Main | November 2011 »

October 25, 2011

№1243 シンガポール・チェンマイへ

  無数のコムロイ(TATのHPより)
041551

 明日26日からシンガポール・チェンマイへ出発します。

 それぞれ7年、5年ぶりの訪問になり、今回は観光目的。ロングステイの取材などの予定は入れていません。
 海外旅行自体2年以上行っていなかったので、純粋に“旅”を楽しんできます。

 とりわけ一番の目的が、チェンマイで「コムロイ(ランタン、灯篭)」を打ち上げてくること。
 29日夜、郊外のメージョー大学内で「イーペン・サンサーイ」というイベントで数千もの「コムロイ」が夜空に舞うのです。
 映像や映画で観たことがあっても、ライブで見ないと本当の良さが分かりません。

 実際に打上げ、写真や動画も撮ってくるつもりです。

 シンガポールではわたしの定番、シンガポール動物園やロングバーはもちろんのこと、SMAPのTVCMで有名になった「マリーナベイ・サンズ」も行ってきます。
 他に大観覧車の「シンガポールフライヤー」「ユニバーサルスタジオ」にも行きたいと思っているところです。

 タイの洪水が大変な状況ですが、シンガポールも連日雨の予報。チェンマイよりも心配です。

 帰国後、ゆっくりと報告させていただきます(^_^)

| | Comments (0)

October 24, 2011

№1242 タイへの支援方法

   チェンマイ「ワット・プラシン」
Img_0700

 今週26日から、予定通りタイ・チェンマイへ出発します。

 一部地区で浸水が始まったバンコクですが、北部チェンマイは既に水が引き、天候も落ち着いているようで、その意味では一安心です。

 ところで、日本発タイへのパッケージツアーのキャンセルが相次いでいます↓

 確かに世界遺産のアユタヤ遺跡や工業団地が水に浸かっている状況を見たら、止むを得ないのかもしれません。
 しかし、ツアーの目的地や観光地を一部変更して、できるだけ催行して欲しいものです。
  
 というのも、観光はタイの主要産業。自動車工場などが操業停止に追い込まれる中、観光客のキャンセルはダブルパンチのダメージになるからです。

 バンコクが無理ならば北部のチェンマイや南部のプーケットやクラビなど、洪水の心配がない観光地はあるのです。

 こういう時だからこそ、タイに行って美味しいもの食べ、買い物をしたいと思っています。

 まだ公的な義援金の募集が実施されていない現在、わたしができる支援です。

| | Comments (0)

October 21, 2011

№1241 タイ洪水の支援

  チャオプラヤー川とワット・アルン
20060331_img_0816

 連日のように報道されるタイの洪水。
 首都バンコクへも迫っていて予断を許しません。

 タイ政府の10月21日の発表では、洪水による死者は累計で342人となり、被災者は北部や北東部などで計約280万人に上っている
とか。
 50年ぶりといわれる今回の洪水、被害はタイだけでなくてラオス、カンボジアなど東南アジア各国に広がっています。

 タイ在住の邦人の方からも現地情報が発信されていますが、日本の報道内容が日系企業の被害状況に偏っている、また日本からの具体的な支援が見えないなどの意見が聞かれます。

 確かにタイ国民の被災状況がよく分かりません。また、わたしたちが支援するバンコク・クロントイスラムは元々湿地帯なので、とても心配です。

 一部民間ベースで義援金や支援の輪が立ち上がりつつありますが、日本赤十字社などの公的な義援金活動は始まっていなくて募金ができません。

 今年3月の東日本大震災時のタイ国民からの暖かい支援に応えるためにも早急な支援、対応が求められています。

| | Comments (0)

October 15, 2011

№1240 天草西海岸の夕陽

     天草の夕陽 2005
20051007_dscf0064

 6年ぶりの天草行きの目的のひとつは、西海岸の夕陽を眺めることでした。天草は「日本の夕陽百選」にも選ばれている夕陽スポット。写真は2005年10月7日の夕景です。 今回の写真は容量オーバーでアップできませんでした。ごめんなさい。

 名湯下田温泉そばの展望台には、40人くらいの見物客。水平線に沈んでいく夕陽に見入っています。

 雲ひとつない西空と天草灘が、次第にオレンジ色に染まっていきます。最後は水平線上の薄雲に隠れてしまいましたが、見事な夕陽ショーでした。

 唯一残念だったのは、6年前のように上空に少し雲があれば、日没後美しい残照が観られたのですが・・・
 でも毎回違う夕景だから面白い!

 タイは、現在未曾有の洪水というニュースが連日流れています。11月には乾期を迎えるでしょうが、今月末までは予断を許さない状況とか。

 一方、日本は本格的な秋を迎え、紅葉などの景色、味覚とも1年で最もいい季節です。タイ在住のみなさま、日本の秋を満喫されてはいかがでしょうか?

| | Comments (0)

October 12, 2011

№1239 水害タイ・アユタヤ

     アユタヤの遺跡群
Img_0525

 このところアユタヤのホンダ工場が水没するなど、洪水のニュースが流れるタイ。
 10月9日、西日本新聞の記事からです。

 世界遺産の遺跡を有し、日本人観光客にも人気のタイ中部のアユタヤが深刻な水害に見舞われている。雨季の大雨による洪水被害が拡大。今も水が引かず、人々の生活はもちろん、遺跡群や産業へも影響が及んでいる。 

 首都バンコクに至るチャオプラヤー川など河川に囲まれたアユタヤ。高低差がないため水はなかなかはけない。かさを増した川の水は岸を越えて街に流れ込む。
 堤防を築いたが一部は決壊。水の深さは人の背丈を超えたところもある。移動は舟。

 500以上の寺院があるといわれるアユタヤ。既に200以上に水が忍び寄っている。
 約650年の歴史があるヤイチャイモンコン寺。取材に訪れた日、満水になった裏池の水が境内に入るのを防ごうと土のう積みを急いでいた。しかし排水溝から逆流する水で境内は見る見る冠水。

 専門家は「アユタヤの遺跡はれんがを野積みしたもの。長時間水に浸かると土台が腐食し崩れる恐れがある」と警告。アユタヤ県では堤防のかさ上げなど遺跡群の防衛に懸命だ(以上抜粋)。

 
 元々高低差が少ないタイ中部から南部。一旦大雨が降れば洪水の危険性が大きい地域で、雨季末期ともなれば毎年のように洪水が起きています。がしかし今年は数十年来の洪水だとか。操業を停止するタイの日系企業も多いようです。

 NHKのBS放送を見ると、今月一杯は雨の予報と言っています。さらに首都バンコクまで洪水のエリアが拡大する可能性もあって、まだまだ予断を許しません。
 今月末にはチェンマイに入りますが、少し心配です。

 在タイのみなさま。注意なさってください。

| | Comments (0)

October 04, 2011

№1238 タイの洪水拡大

   チェンマイ・チュディ前 2006
20060808_dscf1175

 10月4日の西日本新聞の記事「濁流 街のみ込む」からです。

 タイの中・北部では大雨に伴う洪水被害が続き、これまでに212人が亡くなるなど、「過去数十年で最悪の被害」が広がっている。

 日本人観光客も多い中部アユタヤでは、川の土手が決壊。濁流が街中に流れ込み、建物の1階部分が水没するほどの深さに達した。北部のチェンマイでも観光名所のナイトバザールが膝上まで水に浸かった。

 中・北部の主要11ダムでは貯水率が100%を突破し、最高で135%に達したところも。滑走路が冠水して使用不能になる空港も出ている。今後も大雨の予報が出ており、農業、製造業や観光への影響も懸念されている(記事抜粋)。

 毎年のように洪水に見舞われるタイですが、数十年で最悪とか。数年前、チェンマイを訪問した時も洪水直後で市内中心部は、土嚢がたくさん積まれていました。
 度重なる洪水対策としてチェンマイ市内を迂回するバイパス水路が、近年完成して以来、洪水が少なくなったと聞いていたのですが。

 10月普通であれば乾期を迎えるタイ。まだ大雨が続くのでしょうか?
 今月末、久しぶりにチェンマイへ行く予定。早く水が引くことを願っています。

| | Comments (0)

October 03, 2011

№1237 アジアマンス 2011

     タイの舞踊団 2007
Dscf1982

 毎年9月から始まる「アジアマンス 2011」。「福岡国際映画祭」もそのイベントのひとつです。

 そして10月8~10日は、メインイベントの「アジア太平洋フェスティバル」。アジア太平洋各地の芸能舞踊ステージや、アジア屋台で味わうエスニック料理、そして雑貨や食料品満載のマーケットを巡りなど、まさにアジア太平洋空間そのものです。

 主会場のマリンメッセ福岡は、アクセスがやや不便。以前の市役所前広場で開催されていた時期に比べると、足が遠のいていました。
 ところが今年は、新装なった新博多駅前の広場でも各国の伝統芸能団のパフォーマンスが観られるとか。

 タイからは「Khun-In Band」。カンボジアは「FLOWアプサラダンサーズ」、優雅なアプサラダンスが楽しみですし、ハワイの「ハーラウ・フラ・オ・カヒキラウラニ」のフラダンスも観たいですね。
 3日間、アジア一色となる博多の街。ぜひいらしてください☆

http://www.asianmonth.com/festival/stage/index.html

| | Comments (0)

« September 2011 | Main | November 2011 »