« №1244 久しぶりのチェンマイ | Main | №1246 バーツの両替 »

November 16, 2011

№1245 コムロイ

Dscf0983

 2011年10月29日、チェンマイ郊外メージョー大学の敷地内で行われた「イーペン・サンサーイ」
 和紙でできた「コムロイ」というランタンを打ち上げるセレモニーです。

 今回のチェンマイ行きは、「イーペン・サンサーイ」に合わせた日程にしました。

 当日午後3時、渋滞が予想されるためチャーターした車で早めに出発します。幸いにも4時に到着。
 早速、コムロイ(100B)を購入し、多くの点火用のスタンドが立っている打上げ会場の芝生広場に陣取ります。タイ人はじめ欧米人やロングステイヤーと思しき日本人など、参加者が少しずつ集まってきます。

 待つこと2時間超えた18時20分、仏教の式典が始まりました。
 若い僧侶たちが入場すると、瞑想の時間です。 「サバーイ、サバーイ」という僧侶のアナウンスで長~い瞑想タイム。続いて読経が流れると、会場のタイ人たちも敬虔にお経を唱えています。どこか「南無阿弥陀仏」と聞こえますね。

 そしてそして19時30分、ようやくコムロイ打上げです☆

 地上に設置されたスタンドのローソクが灯ると、辺りは灯明に照らされてオレンジ色に染まります。
 「コムロイに点火!」という合図とともに、油を染ませたドーナツ型の和紙の火種に点火。

 火種で空気が暖められ、あっという間にコムロイが膨らみます。手を放すと、すぐにでも上昇しそうなくらい力強い。下端の竹の輪を飛び立たないようにしっかりと持たないといけません。

 コムロイの火種とローソクの火で、顔が火照って熱い!
 周囲を見渡すと大きく膨らんだ無数のコムロイ、まるで雪洞(ぼんぼり)が点燈しているようです。

 そして打上げのアナウンス!! 
 数千ものコムロイが、一斉に打ち上げられます。

 観客の大歓声とともに、ゆらゆらと灯りが揺れながら、予想以上の早さで夜空に昇って行きます♪
 その高さ約1000Mにも達するほど。まるで天の川のようです☆

 待ちに待ったコムロイの打上げ、わずかな時間でしたが、生涯忘れることはない感動の夜となりました☆

※ほとんどの写真が1M以上なので画像がアップできません。
 You Tubeで動画がご覧になれます。

 http://www.youtube.com/watch?v=JNhgq2FKQpk

|

« №1244 久しぶりのチェンマイ | Main | №1246 バーツの両替 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« №1244 久しぶりのチェンマイ | Main | №1246 バーツの両替 »