« October 2011 | Main | June 2013 »

November 22, 2011

№1246 バーツの両替

   ホテル「U-Chiang Mai」
Dscf1045

 このところの円高バーツ安。
 今年9月29日には、1万円で3998B(約2.5円)の最高値を付け、11月21日現在でも3967B(バンコク銀行)と高水準で推移しています。

 ずっと3000Bを超えたあたりの円安トレンドで両替していたので、4000B近いというのは信じられない水準です。

 10月29日、チェンマイ・セントラルデパート内の銀行で両替をしたところ、3947B(約2.53円)。つい必要以上の額を両替してしまいました(苦笑)。
 これは次回の滞在用ということで・・・

 市内の両替商だと、もっといいレートが出ていることでしょう。

 ようやくバンコクの洪水も峠を越えたようですし、今の円高を利用して観光客が戻って来て欲しいですね。
 では来年は、ロイクラトンのお祭りを観に行こう!

| | Comments (0)

November 16, 2011

№1245 コムロイ

Dscf0983

 2011年10月29日、チェンマイ郊外メージョー大学の敷地内で行われた「イーペン・サンサーイ」
 和紙でできた「コムロイ」というランタンを打ち上げるセレモニーです。

 今回のチェンマイ行きは、「イーペン・サンサーイ」に合わせた日程にしました。

 当日午後3時、渋滞が予想されるためチャーターした車で早めに出発します。幸いにも4時に到着。
 早速、コムロイ(100B)を購入し、多くの点火用のスタンドが立っている打上げ会場の芝生広場に陣取ります。タイ人はじめ欧米人やロングステイヤーと思しき日本人など、参加者が少しずつ集まってきます。

 待つこと2時間超えた18時20分、仏教の式典が始まりました。
 若い僧侶たちが入場すると、瞑想の時間です。 「サバーイ、サバーイ」という僧侶のアナウンスで長~い瞑想タイム。続いて読経が流れると、会場のタイ人たちも敬虔にお経を唱えています。どこか「南無阿弥陀仏」と聞こえますね。

 そしてそして19時30分、ようやくコムロイ打上げです☆

 地上に設置されたスタンドのローソクが灯ると、辺りは灯明に照らされてオレンジ色に染まります。
 「コムロイに点火!」という合図とともに、油を染ませたドーナツ型の和紙の火種に点火。

 火種で空気が暖められ、あっという間にコムロイが膨らみます。手を放すと、すぐにでも上昇しそうなくらい力強い。下端の竹の輪を飛び立たないようにしっかりと持たないといけません。

 コムロイの火種とローソクの火で、顔が火照って熱い!
 周囲を見渡すと大きく膨らんだ無数のコムロイ、まるで雪洞(ぼんぼり)が点燈しているようです。

 そして打上げのアナウンス!! 
 数千ものコムロイが、一斉に打ち上げられます。

 観客の大歓声とともに、ゆらゆらと灯りが揺れながら、予想以上の早さで夜空に昇って行きます♪
 その高さ約1000Mにも達するほど。まるで天の川のようです☆

 待ちに待ったコムロイの打上げ、わずかな時間でしたが、生涯忘れることはない感動の夜となりました☆

※ほとんどの写真が1M以上なので画像がアップできません。
 You Tubeで動画がご覧になれます。

 http://www.youtube.com/watch?v=JNhgq2FKQpk

| | Comments (0)

November 11, 2011

№1244 久しぶりのチェンマイ

 イーペン・サンサーイでの「コムロイ」
Dscf0983

 5年ぶりのチェンマイ。目的は、ロイクラトンに先立って行われる「イーペン・サンサーイ」です。

 ちょうどバンコク・アユタヤが、洪水に見舞われている時期に重なったのですが、今回はシンガポール経由に計画だったので、バンコクには寄りませんでした。

 10月28日10時45分、シルクエアMI702便は、定刻通りチェンマイ空港に到着。天気は晴れ。暑い!!
 気温は30度を超えているでしょう。でも湿気は、そう高くありません。

 遥かに少し霞んでいるドイステープ山、懐かしい風景です。

 スムーズな入国手続き、スーツケースを受け取ると、宿泊ホテルのスタッフが出迎えてくれていました。空港内の銀行で両替した後、ホテルへ。

 チェンマイのフリーペーパー「CHAO」204号(2011.10.10)の記事によると、「9月28日、6年ぶりにピン川が溢れ大洪水!」とあります。

 しかし、タイ北部は既に乾期の気候ですし、ホテルまでの車窓の景色やナイトバザール周辺の商店街など、市内には洪水の痕跡は全く感じられませんでした。

 5、6年前の訪問では、知り合いの方の車が水没したり、白い土嚢が市内中心部のあちらこちらに積んでありましたから、すっかり平静さを取り戻している街の様子です。

 ピン川の水が泥色に濁っているのが、唯一その名残でした。

 11月11日現在、首都バンコクの洪水は小康状態のようですが、一日も早く水が引いて欲しいものです。

| | Comments (0)

« October 2011 | Main | June 2013 »