March 04, 2011

№1214 NZクライストチャーチの大地震

   クライストチャーチ大聖堂
220pxchristchurchcathedral1_gobeirn


2011年2月22日、NZ南島最大の都市クライストチャーチをマグニチュード6.3の直下型地震が襲った。震源の深さが約5kmと浅いため、ビルなど建物の倒壊による死者・行方不明者は200人を上回り、日本人の語学学校の学生や留学生らが多数、地震災害に巻き込まれる事態となっている。

 “ガーデンシティ”とも呼ばれる美しい街クライストチャーチ。100年余り前に完成したネオゴシック建築の美しいクライストチャーチ大聖堂が、市街地の中心に聳え、観光スポットと同時に街のランドマークでもある。 観光用の路面電車トラムが走り、西方向には緑豊かなハグレイ公園や、パント舟が遊覧するエイボン川。

 また毎年2月には「ガーデンフェスティバル」が開催され、街中が花と緑に包まれ、一般家庭でも庭造りの品評を競うコンテストがあるほど。まさに“ガーデンシティ”に名に恥じない美しい街で、私も10年ほど前に一度行ったことがあり、いつかは再訪したいと思っています。

 比較的温暖な気候とも相俟って、観光客だけにでなく、日本人のロングステイヤーにも人気のクライストチャーチ。南半球のため日本とは季節が反対で、冬の時期をNZで過ごそうという日本人シニアは、以前から多いのです。
 私の知り合いのご夫婦も住宅を購入されて、毎年のように半年間、ロングステイをなさっている。

 広大なカンタベリー平野の彼方には、白い雪を頂くサザンアルプスの山並み。そんな静かで平和な街を突然の地震が襲ったのです。クライストチャーチ大聖堂の塔が崩壊したのは、ご存知の通り。
 早速、知人のご夫妻にメールや国際電話を試みましたが、未だに連絡が取れていません。必ず、無事でいらっしゃると思うのですが・・・
 昨年9月の地震でも、現地はかなり被害を受けたと聞いていましたので、今回もまだ通信なども混乱しているに違いありません。

 日本人の学生をはじめ、長期滞在中の邦人の方々の無事を祈念し、一日も早い街の復興を期待したいものです。

PS その後、ようやく知り合いのご夫妻と連絡が取れて、帰国されていることが分かりました。ご自宅等被害の程は分かりませんが、お二人とも怪我もなくご無事であったことが何よりでした。

| | Comments (0)